群発頭痛

information

お問い合わせボタン

HOME > 群発頭痛

群発頭痛は鍼とお灸で体を温め、自律神経のバランスを整えることで改善してゆきます。

群発頭痛は、頭部が締めつけられるような鈍い痛みが特徴的な頭痛で肩や首の筋肉のコリや張りが原因といわれていますが、その根本の原因には「冷え」による自律神経のバランスの乱れがあります。

当院では、鍼とお灸を使って体を温め、「冷え」を対処して自律神経のバランスを整えて、群発頭痛を改善する施術を行っています。



こんな症状でお悩みではありませんか?

 片側の目の周り、前頭部、側頭部にかけての頭痛が起こる。
 痛みが毎日ほぼ同じ時間に起こる。
 夜間や睡眠中に頭痛発作が起こりやすい。
 痛い側の方だけ目が充血したり涙がでる。。
 痛すぎていてもたってもいられない。



目次

  
1.群発頭痛の診断
2.群発頭痛の特徴
3.群発頭痛のメカニズム
4.群発頭痛の誘因
5.群発頭痛の治療と予防療法
6.日常生活で気を付ける事
7.当院の鍼灸施術の紹介
8.他の施術所との違い
9.追伸



1.群発頭痛の診断

群発頭痛には以下のような診断基準があります。
 群発頭痛の診断基準
A.B~Dを満たす発作が5回以上ある
B.未治療の場合、重度~きわめて重度の一側の痛みが眼窩部、眼窩上部または側頭部のいずれか1つ以上の部位に15~180分間持続する
C.以下の1項目以上を認める
1.頭痛と同側に少なくとも以下の症状あるいは徴候の1項目を伴う
a)結膜充血または流涙(あるいはその両方)
b)鼻閉または鼻漏(あるいはその両方)
c)眼瞼浮腫
d)前額部および顔面の発汗
e)前額部および顔面の紅潮
f)耳閉感
g)縮瞳または眼瞼下垂(あるいはその両方)
2.落ち着きのないあるいは興奮した様子
D.発作時期の半分以上においては、発作性の頻度は1回/2日~8回/日である
E.ほかに適切な頭痛の診断がない

          目次に戻る


2.群発頭痛の特徴

群発頭痛は、偏頭痛、緊張型頭痛についで有名な一次性頭痛です。片側の眼の周囲から前頭部、側頭部にかけての激しい頭痛が数週間から数か月の間ほぼ毎日起こる頭痛です。

痛みは毎日ほぼ同じ時間に起こる傾向があり、特に夜間や睡眠中に頭痛発作が起こりやすいのが特徴です。


有病率は、10万人当たり56~401人程度と言われています。男性に多く、20~30歳代に起こりやすい頭痛です。

          目次に戻る


3.群発頭痛のメカニズム

群発頭痛の起こり方未だにはっきりわかっていませんが、以下のような説があります。

視床下部を起源とする説

視床下部は、サーカディアンリズム(身体に備わった約1日の周期リズム)の役割を持っています。視床下部に異常が起こり、神経細胞が興奮すると、ある期間に集中して症状が現れます。

三叉神経と血管との関係性

群発頭痛の発作時に三叉神経の血管系に活性化がみられます。

内頚動脈に起源を求める説

心臓から脳へと向かう血管の1つである内頚動脈が拡張して、その周りにある血管や自律神経を刺激するというものです。

三叉神経の過剰興奮が副交感神経の活性化を起こすとする説

三叉神経の過剰な興奮が、頭蓋内の血管や、涙腺、鼻粘膜にいたる副交感神経を興奮させ、涙や鼻水がでるような自律神経的な症状を起こすといわれています。

              目次に戻る


4.群発頭痛の誘因

群発頭痛の誘因には、以下のようなものがあります。

飲酒

アルコールは血管を拡張させる働きがあります。群発頭痛期に飲むと必ず頭痛が起こります。

喫煙

群発頭痛を持つ方はヘビースモーカーの方が多いです。

薬剤

ヒスタミンやニトログリセリンなど血管を拡張させる働きのある薬剤で起こります。

気圧

登山や飛行機に乗るなど気圧の変化で起こります。

ストレス

自律神経の乱れから起こります。

酸欠

脳が酸欠になることで血管が拡張しそれが引き金になりま
              目次に戻る


5.群発頭痛の治療と予防療法

群発頭痛がひとたび起こると、一般の鎮痛薬を服用しても、痛みを抑えることができません。そこで以下のような方法て対処します。

治療法

A.トリプタンの自己皮下注射:トリプタンは、拡張した血管を元に戻したり、三叉神経の興奮を抑えて、痛みを抑える働きがあります。即効性のある注射薬は携帯ができます。

B.酸素吸入:フェイスマスクの側管から純酸素(100%酸素)の吸入を7L/分で15分間吸入します。酸素を多く取り込むことで、拡張した脳の動脈が元に戻り、痛みが和らぎます。

予防療法

カルシウム拮抗薬、酒石酸エルゴタミン、副腎皮質ホルモンなどを服用します。
          目次に戻る


6.日常生活で気を付ける事

日常生活では、以下のことを気を付けましょう。

飲酒

アルコールによって群発頭痛が増悪することがわかっています。群発期は避けましょう。

喫煙

ヘビースモーカーの人は喫煙を控えましょう。

睡眠

体内時計に関係するため、睡眠リズムが乱れると、思わぬタイミングで発作が起こります。昼寝も気を付けて、睡眠はできるだけ規則正しくとります。

気圧

急な気圧の変化で発作が起きることがあります。飛行機など利用する場合は群発期は避けましょう。

お風呂

長風呂は血管を拡張させ、群発頭痛が起こりやすくなります。群発期は、シャワーにしましょう。

薬剤

ニトログリセリンなど血管を拡張する作用のある薬を服用する場合、医師に相談しましょう。

参考図書
慢性頭痛の診療ガイドライン(市民版) 医学書院
NHK きょうの健康 2015 3月号ほか

           目次に戻る
 
 


7.当院の鍼灸施術の紹介

当院では、「冷え」を群発頭痛の根本的原因として捉え、鍼灸でツボを刺激して体を温め、自律神経のバランスを整えて群発頭痛の改善を行っています。

東洋医学では「冷えは万病の元」と言われています。「冷え」とは、単に冷たいという感覚だけではなく、体の熱の産生力や循環力の低下によって血液を含む体液が滞った状態のことを言います。

ツボは、体表にあり気の流れ道である経絡を通して内臓と繋がっています。内臓の不調は経絡を通し体表のツボに反応として現れます。

当院では、ツボを刺激することで内臓の働きのバランスが回復し、体の熱の産生力、循環力が高まり、血液を含む体液がスムーズに流れることで自律神経のバランスが整い、群発頭痛が改善されると考えています。

            目次に戻る


8.他の施術所との違い


1.国家資格保有なので、安心して施術を受けていただけます

院長は、平成5年にはり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得しています。民間の施術の資格に比べ、 社会的信用度が高いので、安心して施術を受けていただけます。

2.鍼灸専門なので、鍼灸本来の良さが味わえます

当院は鍼灸専門施術所で整体やマッサージ、リフレクソロジー、また電気施術などを一切行いません。鍼灸は2000年以上も前から医療として伝統のある実績から当院では、鍼灸が本来もつ特徴を最大限に引き出し、皆様の自然治癒力を高めるよう技術を技術を研鑽しています。

3.一部分を施術するのではなく全体のバランスを整えますので、再発しにくい、病気になりにくい体を作ることができます

症状のある部位がかならずしも原因である場合とは限りません。当院では、全体のバランスを整える施術をしますので、症状の改善だけではなく再発しにくい、病気になりくい、なっても早く回復するからだを作ることができます。

4.プライバシーを大切にした空間ですので、自由にお話、相談ができます

施術室は完全個室で、防音壁を使用しています。院長が最初から最後まで付きっ切りで施術しますので、悩み事など安心して自由にお話、相談ができます。

5.夜11時まで受け付けていますので、仕事帰り、介護など終えた後でも間に合います

当院は、施術所兼自宅となっており、夜11時まで受け付けていますので、仕事帰りや育児、介護を終えた後でも十分間に合います。

            
目次に戻る


9.追伸

群発頭痛は、片側の眼の奥が強く痛み、同じ側に涙や鼻水、汗が出て、これらの症状がある期間に集中して現れるのが特徴的な頭痛です。

群発頭痛の起こるのメカニズムは、脳の視床下部と内頚動脈という血管の異常が関係すると言われていますが、根本的には「冷え」が関係しています。

「冷え」は、主に私たちが長年生きてきた疲労や生活習慣の乱れなどが元になるものです。冷えは自律神経のバランスを乱し、やがてはお医者さんで病名がつくような病気に発展してゆきます。

飲酒、喫煙、睡眠など気を付けることで予防ができますが、体の冷えを対処することも大切です。

群発頭痛が気になる方は、当院へに今すぐお電話してください。

TEL: 0532-63-6093

              目次に戻る


料金

初めての方へお得な初回キャンペーン

ご予約の際に「ホームページを見た」とご予約していただくと
初診料の1,800円が無料になります。

初診料 1,800円 → 0 円
施術代 4,000円


Googleの地図

⇒詳しい道順はコチラ

伝馬町鍼灸院 
〒440-0822 愛知県豊橋市伝馬町113
 
TEL: 0532-63-6093



お問い合わせについて

電話番号 (0532)63-6093
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ


▲ページトップに戻る