機能性ディスペプシア
     対策

information

お問い合わせボタン


こんにちは。豊橋市の伝馬町鍼灸院 院長の川添です。

当院では、自律神経失調症を専門とした鍼灸施術を行っています。

慢性的に胃の不調を抱えている人は、日本中に約1000万人いるともいわています。
その中には、医療機関に行って検査しても不調の原因となる病気が見つからないことも少なくありません。

以前では、慢性胃炎や神経性胃炎と診断されたり、気のせいと思われていたものが、近年では自律神経の働きの乱れによる胃の機能の異常からくる機能性ディスペプシアと呼ばれるようになりました。

胃の調子が悪く、お医者さんへ行って「異常なし」と言われ、自分でなんとかならないかなぁ、と思うことありませんか?

このページでは、機能性ディスペプシアについてご自身でできる対策についてお伝えいたします。


目次
1. ストレスを管理する
2.一日の生活リズムを見直す
3.食事を見直す
4.運動をする
5.睡眠を充分にとる
6.当院の鍼灸施術について



1.ストレスを管理する

ストレスは、胃の不調を招く最大の原因です。

ストレスは、内臓の働きをコントロールしている自律神経の「交感神経」と「副交感神経」のバランスを乱します。

自律神経のバランスの乱れにより、胃の蠕動運動や胃酸の分泌に悪影響を及ぼします、また、ストレスは、知覚を過敏にさせますので、少しの胃酸でも強い症状を感じることがあります。

ストレス管理については、当院がお勧めする養生法の中の、
ストレス管理をご参考にしてください。
              
            目次に戻る


2.一日の生活リズムを見直す

機能性ディスペプシアを持つ患者さんは、一日の生活リズムがバラバラになっていることが多いです。規則正しい生活リズムは、胃の不調の改善につながります。

一日の生活リズムを整えるには、当院がお勧めする養生法の中の
正しい生活リズムについてをご参考にしてください。
              
            
目次に戻る


3.食事を見直す

一日の生活リズムにも関係しますが、食事を見直す必要もあります。

①良く噛んで早食いを防ぐ
早食いは胃酸過多の原因になります。意識的に、一口ずつ良く噛んで食べることで食事のスピードが遅くなり早食いを抑えることができます。

②脂肪の多い食事は避ける
脂肪分を摂りすぎると、食道と胃の括約筋が緩み、また、胃の滞留する時間が長くなります。なるべく脂肪を摂らないようにしましょう。

③暴飲暴食は避ける
胃に多くの食物が滞ることによって蠕動運動はうまく働かなったり、知覚過敏になったりしますので、腹8分目を守りましょう。

飲み物、特にアルコールは、度数が高いものは、胃壁を荒らします。アルコールの度数の高いものは水やお湯で薄めましょう。また、胃がからっぽの時は食べ物を先に胃に入れてから飲むことで胃の粘膜のダメージを減らせます。

④食べる時間帯
食べる時間がバラバラだと、一日にリズムを壊すことになりますし、夜遅くに食べたり、寝る前に食べることで睡眠の質が落ちます。また、夜中に消化されない食べ物によって朝起きた時に胃のもたれの原因になります。
             
            目次に戻る


4.運動をする

運動をすることで、ストレスの発散になったり、気分転換ができたりします。また、適度な運動は自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを整える働きがあります。

お勧めの運動は、インターバル速歩と、回転のスワイショウです。

当院が勧める養生法の中の、
インターバル速歩回転のスワイショウをご参考にしてください。
                
            
目次に戻る


5.睡眠を充分にとる

睡眠不足が続くと夜間の胃酸の分泌が促され、胃の粘膜に過剰な刺激を与えてしまいます。また、睡眠不足自体がストレスとなり、自律神経のバランスを乱します。

睡眠時間をしっかり確保することは、ストレスの軽減、自律神経のバランスを回復させることにつながります。

機能性ディスペプシアの詳しい内容は
コチラをご覧ください。
             
            目次に戻る


ご自身で対策を行ってもなかなか効果の現れない場合は、当院の鍼灸施術をお勧めします。

6.当院の鍼灸施術について

当院では、気の概念と陰陽観に基づいた東洋的な発想によります積聚(しゃくじゅ)施術の考え方を取り入れた鍼灸施術行っています。

この施術法の考え方を取り入れているのは、この地域で唯一当院だけです。

「積聚」とは東洋医学では「お腹の異状」という意味で、症状としては、自覚痛や触診して感じる痛み、圧して感じる硬さ、動気(脈打つこと)などを指します。

腹部(背中に対して陰面)の五蔵区分のどこに異状があるかによって見立て(証)を立て、背中(腹部に対して陽面)の五行区分あるツボを一定の順序で刺激をします。


お客様の訴える症状を始め、体のある部位を基準(指標)としてその変化を確認しながら施術を進め、最終的には腹部の異状を解消する施術法です。

東洋医学的では、一部が全体を投影しているという考えから、腹部の異状は全身の異状を現しているとみなし、腹部の異状が解消されることでお客様の主訴の軽減、解消を始め、諸症状が改善され症状の出にくい体に変化してゆきます。

当院の公式ホームページは
コチラをご覧ください。
                 
              目次に戻る



料金

初めての方へお得な初回キャンペーン

ご予約の際に「ホームページを見た」とご予約していただくと
初診料の1,800円が無料になります。

初診料 1,800円 → 0 円
施術代 4,000円


Googleの地図

⇒詳しい道順はコチラ

伝馬町鍼灸院  〒440-0822 愛知県豊橋市伝馬町113  TEL: 0532-63-6093



お問い合わせについて

電話番号 (0532)63-6093
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ


▲ページトップに戻る