information

お問い合わせボタン
HOME > 伝馬町鍼灸院健康通信 > 長引く腰痛 その背後にあるもの

長引く腰痛 その背後にあるもの

「うちのお姉ちゃん、昨日また腰が痛いなんて言い出したけど。腰が痛いと言ってもう何年にもなるんだけどなぁ。」

お姉さん、長引く腰痛で苦しんでいるみたいだね。腰痛で悩んでいる人って多いんだよ。統計によると、何らかの症状でお医者さんにかかったことのある病気では、1位が風邪で2位が腰痛なんだ。

「そもそも腰痛ってどうして起こるの?」

特定できる腰痛の原因には、主に、筋肉に由来するもの、骨格に由来するもの、それから内臓に由来するものがあるよ。筋肉に由来するものではたとえば、激しい運動や重いものを持った時のような筋肉の酷使や過度の緊張による腰痛だよ。

また骨格に由来するものは、椎間板ヘルニアや圧迫骨折、脊柱管狭窄症など、また癌が腰の骨に転移した場合や最近に感染した時による腰痛。内臓に由来するものには、消化器、泌尿器、婦人科系の病気による腰痛だね。

でも、このように原因が特定できる腰痛は腰痛全体の15%に過ぎず、残りの85%の腰痛は原因が特定できないんだよ。また原因が特定できても対処が困難なものもあるし。

「うちのお姉ちゃんみたいに腰痛が長引いて慢性化してしまうのはどうしてなの?」

1つには、脳が痛みを記憶してしまう場合。腰の痛みの原因が取り除かれても、脳や脊髄が痛みを記憶してしまうと、痛みが持続する。急性の痛みが強かったり、急性の痛みが長引くほど、痛みの記憶が起こりやすいと考えられているんだよ。

2つめは、痛みが伝わる神経にトラブルが起こっている場合。脊髄や脳に痛みの信号を伝える神経にトラブルが起こると、『触れる』などの刺激や環境の変化などのストレスが『痛み』として脳に伝わる。体に刺激が加わるたびに誤った情報が脊髄や脳に送られるので、慢性的に痛みを感じるようになる。また、痛みが続くことや痛みが再発することへの不安や、痛みのために前向きに行動できない

などの抑うつがあったり、家庭内や仕事で問題などストレスが常に加わっている状態や、痛みにこだわりすぎたり、『痛いから動かせない』『どうして私だけこうなるの』などと考えたり、感じたりする性格や気質があると、痛みが慢性化するんだよ。

「へぇ~!腰痛を長引かせている背後には、脳や脊髄、神経のトラブルや、ストレス、心の持ちようが影響してるんだ。じゃあ、どうしたら慢性化した腰痛に対処することができるの?」

慢性の腰痛に求められるのは『チーム医療』で、心理的要因が大きい痛みには、精神科医や心療内科医、臨床心理士が関わるんだよ。

「どんな治療をするの?」

まずは、薬物療法。急性の腰痛であれば、鎮痛消炎薬が効果を発揮するけど、慢性の腰痛の場合、脳や脊髄での痛みの信号の伝達を抑えたり、神経の過剰な興奮を抑えてくれる抗うつ薬や抗てんかん薬抗不安薬などが効果を発揮する。強い痛みを抑えるにはオピオイドと言われる医療用麻薬を使用することもある。そのほかに『カウンセリング』や『認知行動療法』があるよ。

「『カウンセリング』では何をするの?」

カウンセリングでは、不安や抑うつ、ストレスなど『心の問題』、人間関係や仕事上の問題、経済的な問題など『社会状況、環境の問題』をお話しすることで自分を客観的に観て、気づきを得ることによって気持ちや考え方を整理して心のケアをするんだよ。

「『認知行動療法』って?」

『認知』とは、物事のとらえ方や考え方を意味していて、認知行動療法は、患者さんが自分の物事のとらえ方や考え方の癖に気づいて、それを意識して変えることで行動をコントロールできるようにする療法だよ。

たとえば、患者さんが腰痛を感じた時、どんな考えや気分、その時の行動をノートに記録して、そのノートをもとに医師や臨床心理士と一緒に後ろ向きの考え方を、別の考え方やとらえ方を促して、前向きな考え方に変えてゆく方法があるよ。

慢性の腰痛のある人は、自分では気づかないうちに必要以上に痛みにこだわりそれに固執してしまったり、コミュニケーションの道具としてまわりに話したりする傾向があるよね。そんな場合は、腰痛以外に人生の意義や楽しみ、自分の役割を見出せるよう医師とともに考えたり、腰痛の話以外にも積極的に周りの人と楽しく会話することを学習する必要があるよね。

「自分自身でできる対策は?」

やっぱり、軽い運動や体操だね。痛みが長く続くと、また痛くなるのではないか、痛みが激しくなるのではないかなどの不安から動くことをやめてしまう人がいるけど、これは筋肉が固くなったり、弱くなって痛みがさらに悪化するとう悪循環に陥りがち。

ウォーキングやラジオ体操など軽い運動をこまめに行う。これにはストレス発散にもなるしね。慢性腰痛を改善するためには、体、心、社会状況・環境などを総合的に理解して上手に対処することが大切なんだよ。それには、自分自身が主体となって改善に取り組む姿勢がなによりも大切だね。

今回はこれでおしまい。



お問い合わせについて

電話番号 (0532)63-6093
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ


▲ページトップに戻る