information

お問い合わせボタン
HOME > お灸教室

お灸教室


H28.12.20  お灸講座 くらしときめきアカデミー豊橋にて

今回は、2クール目 3回シリーズの第3回目でした。

参加者さんは、前回に引き続き妊活をされている40歳の女性。

今回のテーマは冷え症でした。妊活も温活と共通するところが多々あります。

冷え症は、熱を作り出す、熱を体の外側から補う、熱を体の内側から補う、熱を逃がさない・奪われないようにすることが大切です。

お灸は体の外から熱を補う方法として、最適な方法の一つです。

今回は、手足の基本的なツボ、末端の冷え症のツボ、温灸器を使って、腰やお腹を温めるお灸を体験していただきました。


   
   
   
   

H28.11.15 お灸講座 くらしときめきアカデミー豊橋にて

今回は、2クール目 3回シリーズの第2回目でした。

参加者は、不妊治療をされているとのことで、今回は不妊症をテーマに行いました。

*不妊症の原因には、男性側、女性側、両者の問題があり、原因不明のものもあること。

*女性側の問題には、排卵がうまくいかない場合、卵管に問題がある場合、頸管に問題がある場合、子宮に問題がある場合、免疫に問題がある場合、そして原因不明の不妊があること。

*男性側の問題には、性機能障害、精液性状低下、無精子症、原因不明の不妊があること。

*女性で、3分の1、男性で、6割が原因不明の不妊であること。

などをお話し、ツボについては、月経周期に合わせたツボや不妊症にお勧めのツボを紹介して実際にせんねん灸や棒灸を使ってツボにお灸をしていただきました。


    
   
   
   

H28.10.18 お灸講座 くらしときめきアカデミー豊橋にて

今回は、2クール目 3回シリーズの第1回目でした。

今回も参加者はお1人様、40歳の女性です。ご自身でもお灸をすでにやられているそうですが、ご自身が取ったツボが正確に取れているのか、また現在不妊治療をされているので、不妊に効果のあるツボを知りたいという動機で参加されたそうです。

今回は、簡単なお灸の歴史、原料のヨモギについて、お灸の種類・やり方について、ヨモギ作り体験、生姜灸、ツボについて、ツボの取り方、せんねん灸を使ったツボへのお灸を体験していただきました。

もぐさ作りは、とても感動していて、ご自身の庭にもヨモギがあるので作ってみたいと意欲満々でした。

ツボの取り方も、せんねん灸でのお灸も上手にこなしていました。次回は、不妊に効くツボについて講義したいと思います。
   
   
   
   
   

H28.9.27 お灸講座 くらしときめきアカデミー豊橋にて

今回は3回シリーズの第3回目でした。

受講生の方のご要望にお応えして認知症についてお話しをさせていただきました。

認知症は、誰もがなり得る病の一つです。認知症になってからお灸施術をするよりも予防的に行うことは可能です。

お灸での予防だけではなく、生活リズムを正すこと、ストレスを管理すること、運動をすること、食事を気をつけるなど日常生活を見直すことが認知症の予防には欠かせません。

今回の講座で少しでも、セルフケアとしてのお灸や養生について日常生活に取り入れていただけたらと思います。

   
   
   

H28.8.16 お灸講座 くらしときめきアカデミー豊橋にて


今回は3回シリーズの第2回目でした。

夏の暑気払いにほうろく灸を体験していただきました。ほうろく灸は、江戸時代、庶民の間では、夏の土用時期に行うと効果があると伝えられていました。

現在でも、お寺さんで夏の土用の時期になると檀家さんが集まって行われています。

ほうろく灸は、夏バテ防止、頭痛、ストレス解消や脳梗塞や脳出血の予防に効果があるとされています。

頭のてっぺんには百会というツボがあり、精神的に落ち着きを取り戻す作用があります。

体験していただいた参加者さんは、毎年新聞見てご自身も体験したいと思いつつなかなか参加できないので、今日はとてもよい体験をさせていただいたと喜んでいただきました。

その他、ご自身んでツボを探していただき、せんねん灸を使ってツボにお灸をしていただきました。

最後に、棒灸を温灸器に取り付けてのお灸を体験していただきました。棒温灸器は、ツボを広範囲に温めることができ、温熱も時間も自分で調節できますのでとても優れたお灸方法です。
 


H28.7.19 お灸講座 くらしときめきアカデミー豊橋にて

参加者さんは、70歳代の女性の方お1人だけでした。

腰が痛く、少しうつ傾向があるとのことで、お灸を使ってご自身で少しでもセルフケアができれば、またお友達ができた時に、一緒にやってみたいとのことで、受講されました。

講座時間は90分、内容は、お灸の歴史から始まり、お灸の原料であるよもぎについて、もぐさ作りを体験し、つくったもぐさで生姜灸を体験、お灸の種類やすえ方の種類の説明、ツボの取り方、ご自身でツボを取っていただき、せんねん灸を使って実際にお灸をしていただきました。

マンツーマンでの講座でしたのでお互いコミュニケーションを取りながら楽しい時間を過ごせました。



H27.8.9 お灸教室 当院の施術室にて

参加者さんは、当院に鍼灸施術を受けにきていただいている71歳の男性と56歳の女性のお二人でした。

お二人とも癌の手術を経験されている方で、当院にはり灸施術を受けるだけではなく、ご自身でもご自宅でお灸を養生法の一つとして取り入れたい、また、奥様にお灸をしてもらっていけれど、ご自身でツボの取り方や位置を覚えて、奥様にもやってあげたい、との思いで参加していただきました。

お灸教室は、2時間で、お灸の歴史から始まり、お灸の原料のヨモギについて、ヨモギから家庭でできるもぐさ作り、お灸のすえ方と種類とその方法、ツボの取り方、ご自身でツボを探して実際にせんねん灸をすえていただきました。


ツボの取り方や位置など、お灸のすえ方など、私に一生懸命にご質問され、熱心さが伝わってきました。

 
 
 

H27.6.14 お灸教室 当院の施術室にて

参加者さんは、自彊術をやっている健康志向の高い方、お二人でした。

お灸教室に参加された理由は、
お1人は、更年期、親の介護、お孫さんの面倒など日頃、体力の衰えを感じ、自分でできるケアとしてお灸に興味を持ったそうです。

もう一人の方は、東洋医学に関心を持って、お灸にも以前から興味を持っていましたが、いざ一人でやると少し難しいので、今回参加して自分でできるようにしたい、とのことでした。

お灸教室は、2時間で、お灸の歴史から始まり、お灸の原料のヨモギについて、ヨモギから家庭でできるもぐさ作り、お灸のすえ方と種類とその方法、ツボの取り方、ご自身でツボを探して実際にせんねん灸をすえていただきました。

お二人とも、熱心に参加していただき、楽しい時間があっという間に過ぎてしまいました。

   
   
   


H27.3.8 お灸教室 当院の施術室にて

参加者さんは、ケアマネジャーのお仕事をされている女性と、元銀行で働いていた、当院ではり灸施術を受けている患者さんお二人。

お灸教室に参加された理由は、当院に通ってよかったので、ご自身でもお灸ができるようになりたい。もう人方は、お灸に関心がありご自身でもご自宅で行いたい、とのことでした。

とても熱心に参加され、有意義な時間が共有できました。

   
   
   

▲ページトップに戻る


お問い合わせについて

電話番号 (0532)63-6093
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ