ぼつぼつツボで養生しませんか? 寝冷えを解消するツボ

ぼつぼつツボで養生しませんか?

咳や喉の痛み、鼻水、鼻づまり、発熱などの風邪の症状や、筋肉のこわばりや関節痛、腹痛や下痢などの症状が現れます。今回は、寝冷えになった時に使われるツボをご紹介します。

今回は、寝冷えを解消するツボをご紹介します。

合谷

合谷(ごうこく)

 

位置:親指と人差し指のちょうど分かれ目のくぼみに取ります。

 

由来:親指と人差し指の合う所で、指を開いた時に、そこが深い谷のように見える。

効能:風邪(喉、喉の痛み、鼻水、鼻づまり、発熱など。

神けつ

神闕(しんけつ)

 

位置:おへその中央に取ります。

 

由来:神の気が通る道であり、胎児が母体の栄養をここから得て成長することを指す。

 

効能:下痢、腹痛、食欲不振など消化器系の症状すべて。

湧泉(ゆうせん)

湧泉(ゆうせん)

 

位置:足の裏の中央より少し前で、足指を足裏の方へ曲げたときにできるくぼみに取ります。

 

由来:「湧」は水が噴き出すこと。「泉」は、噴き出す水のこと。生きるためのエネルギーが泉のように湧き出るツボの意味。

 

効能:体がだるい、疲れやすい、体の冷え感、体調を整える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加