立禅 自然立ち

立禅(自然立ち)について

立禅(自然立ち)とは?

立禅は、文字通り立って行う禅のことですが、立って行う意義として、重力に対して姿勢を維持する筋肉を抗重力筋と言いますが、その抗重力筋をバランスよく緊張させ、それ以外の筋肉の力み、緊張をできるだけ取り除いてリラックスさせることで、新陳代謝が高まります。新陳代謝が高まりますと、体の熱の産出力が増強され、熱の巡りの停滞と偏りが改善され、その結果冷えが解消され、内臓の働きがよくなり、自律神経が活性化されます。

やり方

1.まず両足をそろえて立ちます。両膝を軽く曲げていただき、右足に重心を移動し、左足の踵、つま先持ち上げ、肩幅まで広げます。この時に足の指先は、正面に向け、両足は平行にして立ちます。

 

2.次に頭のてっぺんに百会というツボがありますが、その百会から一本のラインが天に向かって伸びているイメージを持ちます。そして、そのラインが体の中心を通り、地球の中心へと向かって伸びているイメージを持ちます。これが体の一本の中心軸となります。次に重心ですが重心は両足の土踏まずの後ろあたりで踵の前に置きます。

 

3.次に顎を引き気味にして、目は開けたまま、遠くを見ます。口は軽く閉じ、舌ベラを上の歯の付け根あたりに軽くつけます。両肩の力は抜いて、両手は、自然に胴体の横にたらします。股関節を少し緩め、両膝も軽く曲げます。

 

4.次にお臍の下、5センチ当たりに丹田を意識します。丹田はお臍の下3~5センチあたりにあります。丹田の「丹」は、不老長寿の妙薬の意味で、「田」は、耕して作物を作る土地の意味で丹田は、不老長寿の妙薬を作る場所といった意味です。丹田に直径3㎝ぐらいゴルフボールぐらいの赤いボールをイメージして先ほどの体の中心軸がそれを貫通しているイメージを持ち、丹田に納めます。

 

5.座禅を組むように手をのひらを上に向けて重ね、丹田の前あたりに置きます。この時に手のひらにボールが乗っている、両腕で円を作っている、わきの下にテニスボールぐらいのボールを挟んでいるイメージを持ちます。

 

6.次に重心の移動ですが、基本は先ほど言いました足ふまずの後ろ、踵の前に重心を置き静止していますが、足が疲れてきた場合には、重心をつま先、踵あたりに移動します。そのイメージとしてお臍あたりまで水につかっているイメージを持っていただいて、その水が体を押しているのか、自分がその水を押しているかわからないぐらいの微妙さで体を重心を前後に動かします。

 

7.次に呼吸です。呼吸は、鼻で吸い、鼻で吐きます。3秒吸って2秒止めて10秒かけて吐く腹式呼吸を行います。時間は目安です。少なくとも吐く方の時間を吸う時の2~3倍かけて行ってください。これが立禅の姿勢です。この姿勢をしばらく保ちます。

ポイント

1.毎日1分でもいいので毎日続けること。

 

2.気持ちよく行うこと。意識が散漫になったら、丹田に意識を集中したり、つま先、かかとへ交互に重心を少し移動させ緊張、弛緩を繰り返し、姿勢のチェックをします。

 

3.足が床や大地に根付いた感覚を養うこと。

 

4.スワイショウと交互に行うとより運動法としての価値があがります。

留意点

1.膝は深く曲げすぎず、必ずつま先の方に向けておくこと。

 

2.背筋を緊張させず、背中、腰の筋肉を緩めるようにして行う。

 

3.体調に合わせて時間を調節すること。

 

詳しいやり方はコチラの動画をご覧ください。

 

以上です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加