ツボ 太谿(たいけい)

ツボ 太谿(たいけい)

ツボ 太谿(たいけい)

位置

内くるぶしの頂点とアキレス腱の間にあるくぼみあたりに取ります。

由来

「太」は「大」と同様重要、大きいの意味。「谿」は、「渓」と同様谷、谷川、渓谷、大きくくぼんでいる所の意味。太谿は、気の流れが水のように、大きな谷を形成するという意味。

所属経絡

足の少陰腎経

主な効能

  1. 本経の循行の病症:足の痺れ、麻痺、足膝の腫れ痛み、アキレス腱の痛み、足の冷え、こむらがえり、腰、背中の痛みなど
  2. 顔面部、五官の病症:頭痛、めまい、立ちくらみ、のぼせ、喉の腫れ痛み、歯の痛み、耳鳴り、難聴、中耳炎、鼻血、声が出ないなど
  3. 内臓の病症:消化器系:下痢、排便困難、嘔吐、痔など 循環器系:動悸、胸部の不快感、胸焼け、胸の痛みなど 呼吸器系:気管支炎、喘息、胸の痛み、痰がからむなど 泌尿生殖器系:頻尿、インポテンツ、むくみ、前立腺肥大、腎炎、膀胱炎、夜尿症など 婦人科系:月経不順、月経痛、妊娠中毒症など
  4. 精神の病症:気持ちが高ぶって眠れない、物忘れ、恐怖感、不安感、驚きやすいなど
  5. その他の病症:糖尿病、疲労、体がだるい、乳癌、慢性関節リウマチなど
  • このエントリーをはてなブックマークに追加