ぼつぼつツボで養生しませんか? プチうつに効果的なツボ

ぼつぼつツボで養生しませんか?

今回は、プチうつについてです。プチうつとは、うつ状態が毎日続くのではなく、一日のうちのある時間帯や週に1~2回だけ気分の落ち込みを始め、些細なことでカーッとなったり、急に泣けて来たり、引きこもったり、自己嫌悪に陥るなど、感情の起伏が激しくなり、周りとうまく関係を保てなくなる状態のことを言います。

そんな時は、次のツボを使ってみてはいかがでしょうか?(効果は個人差があります。)

太衝(たいしょう)

太衝(たいしょう)

 

位置:足の甲で、足の親指と二番目の指の間

を足首の方へ押し上げて骨の交わる所あたりに取ります。

 

由来:「太」は重要という意味。「衝」は通路、地点などの
意味。

 

効能:イライラするのを抑える。気分が塞いでいるのを
良くします。

神門(しんもん)

;神門(しんもん)

 

位置:手のひらを上に向け、手首を軽く曲げ、
手首の関節の小指側で固い筋(すじ)のすぐ内側で手首に
できる線の交わったあたりにある骨の間にあるくぼみあたりに
取ります。

 

由来:「神」は、神、心の意味。「門」は、出入口という意味。
神門は神気が出入りする門のこと。

 

効能:精神不安定を良くします。

百会

百会(ひゃくえ)

 

位置:頭頂部。両耳を折り曲げ、その一番高い所
を結んだ線と眉間の中央からまっすぐ上がった線と交わった
所あたりに取ります。

 

由来:「百」は多い、たくさんの意味。「会」
は、集まるという意味。百会は、たくさんの経気(気の流れ
道)が集まるという意味。

 

効能:うつ状態による頭痛、頭重。気分を和らげます。

軽症うつ症について詳しくはこちら

軽症うつ症

軽症うつ症に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加