ぼつぼつツボで養生しませんか? 女性の更年期障害に効果的なツボ

ぼつぼつツボで養生しませんか?

女性の更年期障害は、閉経を挟んだ45~55歳のころに起こる様々な身体的、精神的な症状をいいます。主な症状として、冷え、のぼせを始め、動悸、発汗、手足の痺れ、吐き気、不眠、めまい、イライラ、憂鬱感、怒りっぽい、物忘れがひどくなるなど自律神経失調症に似たものが多いです。中には、大きな病気が潜んでいる場合がありますので受診するのが望ましいです。原因は、卵巣の働きの低下による女性ホルモンであるエストロゲンの分泌低下によるホルモンバランスの乱れです。対策としては、イソフラボンを含む大豆製品を摂取する、笑顔をできるだけ作る、リラックスタイムを作る、定期的に軽い運動を行う、よきパートナーに話を聞いてもらう、禁煙などがあります。更年期障害かな?っと思った時には以下のツボを試してはいかがでしょうか。(効果は個人差があります。また効果的なツボはこの限りではありません。)

太谿(たいけい)

太谿(たいけい)

 

位置:内くるぶしの頂点とアキレス腱の間にあるくぼみあたりに取ります。

 

由来:「太」は「大」の意味。「谿」は、「渓」の意味。太谿は、気の流れが水のように、大きな谷を形成するという意味。
効能:女性の更年期障害、下肢の冷え、頭痛、耳鳴り、難聴、咳、胸の痛み、下痢、排便困難、不眠、恐怖感、驚きやすいなど。

三陰交(さんいんこう)

三陰交(さんいんこう)

 

位置:内くるぶしの中心から、膝に向かって指幅4本分の所で、骨の後ろ際に取ります。

 

由来:「交」は交わるの意味。「三陰」とは、肝の蔵(ぞう)、脾の蔵、腎の蔵に関連する経絡の意味。3つの蔵に関連する経絡が交わる、という意味。

 

効能:婦人科系疾患、精神疲労、喉の痛み、冷え症、からだが重だるい、むくみ、舌のこわばり、鼻血、嘔吐、胃の痛み、消化不良、食欲不振、お腹が張る、鳴る、腸の働きを整える尿もれ、インポテンツ、不眠、心悲しいなど。

太衝(たいしょう)

太衝(たいしょう)

 

位置: 足の甲で足の親指と二番目の指の間を足首の方へ押し上げて骨の交わる所に取ります。

由来:「太」は重要という意味。「衝」は通路、地点などの意味。

 

効能:閉経、イライラするのを抑える。気分が塞いでいるを良くする。頭痛、めまい、眼の疾患、月経不順など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加