「鍼」?それとも「針」?

縫い針、施術鍼 注射針

こんにちは。豊橋市の伝馬町鍼灸院 院長の川添です。

 

私達鍼灸師が使用する「はり」の漢字は、「鍼」と書きますが一般に知られている「はり」は「針」と書きますが、どう違うの?と疑問に思ったことありませんか?

 

今回は、鍼と針の違いについてお話します。

 

「鍼」と「針」の意味について

鍼も針も意味は、細くて先の尖った金属性の道具という意味です。

 

上の写真は、向かって左から縫い針、施術用の鍼、注射針です。

日本の業界では・・

日本の鍼灸の業界では、鍼灸師会、日本鍼灸師会、全日本鍼灸師会、全日本鍼灸マッサージ師会など「鍼」を使うのが一般的です。開業されている鍼灸師の屋号で「針」を使う方もおられます。

鍼灸の歴史から

鍼灸の歴史を見ると、針は、鍼の俗字として使われ、古典では区別がないといわれています。日「医心方」は平安時代に書かれた日本最古の医学書と言われていますが「鍼」と「針」が混在しているそうです。

 

中国最古の1つの医学書の「霊枢」という書物でも「鍼」と「針」は混在しているそうす。

字種から

「針」は、社会的によく使われる常用漢字で、「鍼」は常用漢字ではなく正字(旧字)です。

中国では、日本の鍼灸の源流にある中国では、「針」に統一されています。ただ、「針」と書かず「针」という字を書きます。

結論

「鍼」でも「針」でもどちらでも構わなのいです。実際に本の出版でも「針」も「鍼」も両方使われています。

私の思い

「ハリ」に関して、私としては、鍼灸師として「鍼」に慣れ親しんでいるせいか、施術する「ハリ」は、「鍼」という思いが強いですね。「鍼」は施術の道具の1つで、自分が用いる道具の思いが強いです。一般的に「針」というと、縫い針や注射針を想像して、刺さると痛そうなイメージがあります。

 

皆さんにとっては「鍼」だろうが「針」だろうが、どちらでも痛そうなイメージがあるかもしれませんね。

 

百聞は一見に如かず、一度の体験によって常識が覆されることもあります。是非一度受けてみてください。

文責

豊橋市 伝馬町鍼灸院

院長 川添 登

HP限定特典初回通常料金12960円を4980円毎月10名様限定

クレジットカード決済できます

全員とはいきませんが、まずは体験して実感してもらいたい思いで初回は上記の値段です。

 

ご来院の際には、鍼灸施術の前に当院の鍼灸施術のご説明、症状をしっかり把握するための問診、鍼灸施術、施術後の過ごし方、今後の施術方針、養生についてお話する手順で行います。

 

問診の際、いろいろご質問させていただきますが、お答えしたくない場合はお答えしなくても結構です。

 

鍼施術は、「冷え」が強いと判断した場合刺入しますが、基本的に鍼先を皮膚に接触する方法で、灸施術は、基本的に皮膚の上からかざす棒灸を使いますので、不要な痛み、熱さを極力感じさせないように誠実に施術いたします。

 

お時間を80~90分ぐらい見ておいて下さい。

 

平日は午後9時が最終受付ですので、お仕事の帰りでも間に合います。

 

4~7回の施術で楽になることもございますが、根本的な改善を求められるようでしたら数回続けられることをお勧めいたします。

 

どれぐらい通院すれば良いかは、個人差がありますので、施術を受けられてみて判断させていただきます。

「もうこれ以上つらい毎日を過ごしたくないと思いつつ、自分ではどうすることもできない・・・。」電話番号(0532)63-6093

ラインで予約する

ネットで予約・問い合わせする