「鍼灸」は何て読む?

背中に灸頭鍼

こんにちは、豊橋市の伝馬町鍼灸院 院長の川添です。

 

私たち鍼灸師にとって職業的に「鍼灸」という漢字は一生付きまといますので、空気と同じような存在なんですが、一般の方にとって「鍼灸」という漢字には馴染みが全くありませんよね。

 

そもそも「鍼灸」ってなんて読むの?と思われたか方もいるかもしれませんね。灸は「きゅう」で変わらないのですが、「鍼」は「はり」とか「しん」と2つ使われます。

 

「鍼灸」は「しんきゅう」と通常は読みます。通常であって、別の読み方もあります。それは「はりきゅう」です。

 

ただ、私たちのような鍼灸師はあまり「はりきゅうし」とは読まれません。この場合は、「しんきゅうし」と読まれています。

 

でも間違いではありません。どちらも正解です。

 

鍼を施術をする時は、「はり」施術「はり」をすると言い、「しん」施術「しん」をするとは言いません。

 

鍼の免許保持者は、ひらがなで「はり師」と書き、「しん師」とは書きません。

 

「鍼灸院」は、「しんきゅういん」と言いますが、「はりきゅういん」とも言います。

 

 

当院の屋号では「でんまちょうしんきゅういん」ですが、ほかの鍼灸院の屋号では「~はりきゅう院」や「~はり灸院」として

がありますね。

 

わたしは、人に自分の職業を伝えるときは、はりやお灸を使った仕事する「しんきゅう院」を経営している「しんきゅうし」、と紹介させていただいています。

 

社会的には「しんきゅうし」が定着しつつあるように感じます。

 

皆さんが「しんきゅうし」といったら「なんですか?それ?」って言われないような最低でも避けたい世の中にしたいですね。

 

 

まとめ

「鍼灸」は「しんきゅう」とも「はりきゅう」と両方使えます。どちらも正解です。

 

文責

豊橋市 伝馬町鍼灸院

院長 川添 登

HP限定特典初回通常料金12960円を4980円毎月10名様限定

クレジットカード決済できます

全員とはいきませんが、まずは体験して実感してもらいたい思いで初回は上記の値段です。

 

ご来院の際には、鍼灸施術の前に当院の鍼灸施術のご説明、症状をしっかり把握するための問診、鍼灸施術、施術後の過ごし方、今後の施術方針、養生についてお話する手順で行います。

 

問診の際、いろいろご質問させていただきますが、お答えしたくない場合はお答えしなくても結構です。

 

鍼施術は、「冷え」が強いと判断した場合刺入しますが、基本的に鍼先を皮膚に接触する方法で、灸施術は、基本的に皮膚の上からかざす棒灸を使いますので、不要な痛み、熱さを極力感じさせないように誠実に施術いたします。

 

お時間を80~90分ぐらい見ておいて下さい。

 

平日は午後9時が最終受付ですので、お仕事の帰りでも間に合います。

 

4~7回の施術で楽になることもございますが、根本的な改善を求められるようでしたら数回続けられることをお勧めいたします。

 

どれぐらい通院すれば良いかは、個人差がありますので、施術を受けられてみて判断させていただきます。

「もうこれ以上つらい毎日を過ごしたくないと思いつつ、自分ではどうすることもできない・・・。」電話番号(0532)63-6093

ラインで予約する

ネットで予約・問い合わせする