耳鳴り

しつこいメニエール病でお困りの方へ なぜどこに行っても治らなかったしつこいメニエール病が当院の施術で改善するのか?

しつこいメニエール病でお困りの方へ なぜどこに行っても治らなかったしつこいメニエール病が当院の施術で改善するのか?

こんなお悩みありませんか?

  • お医者さんで検査をしたけれど異常はないといわれ、不安な気持ちがある
  • 寝る時、静かな環境に置かれると耳鳴りがキーンと大きくなる
  • 耳鳴と同時に聞こえも悪くイライラする
  • 薬を飲んでも耳鳴りが良くならない
  • 耳鳴に難聴や吐き気、冷や汗を伴う
  • 耳鳴りと同時に声がこもる

この中で一つでも当てはまる場合は、今すぐ当院までお気軽にご相談下さい。

 

耳鳴りをほっておくと、しだいに症状が重くなり、難聴が進んだり、さらに耳鳴りを意識して強く感じるような負の連鎖が起こり、不眠、不安がつのり、うつ状態など心の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

当院には、耳鳴りでお悩みの方が多く来院され、改善されています。1人で悩まず、どんな小さなことでも構いませんので、当院までご相談下さい。

 

あなたのご来院を心からお待ちしております。

喜びの声画像

症状が徐々に良くなり耳鳴り、耳閉感が感じなくなりました

お客様写真
アンケート用紙

1.今回、どんなお悩みがあってどんな気持ちで来院されましたか?

めまい、耳閉感、耳鳴、ムカムカ

 

2.多くの院のある中で当院を選んだ理由や決め手を教えてください。

自律神経のバランスを調整できると、ネットで見て

 

3.実際鍼灸を受けてみていかがでしたか?

症状が徐々に良くなり、耳鳴り、耳閉感をあまり感じなくなりました。

 

4.店内、院長について印象はいかがでしたか?

良く話を聴いてくださり、リラックスして施術を受けることができました

 

5.同じような「つらさ」を抱えているかたへメッセージがありましたらお願いします。

針(鍼)は痛いと思っている方、是非受けてみて下さい。

 

T.K 様  豊橋市  女性  64歳

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

耳鳴りが和らいだ感じがしました

お客様写真
アンケート用紙

1.今回、どんなお悩みがあってどんなお気持ちがあって来院されましたか?

耳鳴り

2.多くの院のある中で当院を選んだ理由や決め手を教えてください。

自律神経の専門だから

3.実際鍼灸施術を受けてみていかがでしたか?

気持ちが楽になり、耳鳴りが和らいだ感じ

4.店内、院長についての印象はいかがでしたか?

気持ちが楽になり、話していて楽しかった。

5.同じような「つらさ」を抱えている方へメッセージがありましたらお願いします。

針とかきゅうにこわさがありましたが、痛くもなく気持ちも楽になったので、一度受けて欲しいです。

今泉好江 様  豊橋市 67歳 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

HP限定特典初回通常料金12960円を4980円毎月10名様限定

クレジットカード決済できます

お時間を80~90分ぐらい見ておいて下さい。

平日は午後9時が最終受付ですので、お仕事の帰りでも間に合います。

「もうこれ以上つらい毎日を過ごしたくないと思いつつ、自分ではどうすることもできない・・・。」電話番号(0532)63-6093

ラインで予約する

ネットで予約・問い合わせする

耳鳴りとは?

耳鳴りを感じている女性

耳鳴りは、周りに音源となるものがないのにもかかわらず、音を感じている状態を言います。

 

耳鳴りは、加齢に伴って増えてゆきますが、聴力の老化は30歳代で始まること、病気や日常生活の不摂生、ストレスが原因で若い人にも起こります。

 

耳鳴りの仕組みは、まだよくわかっていませんが、発生のメカニズムとしては以下のことが考えられています。

 

①耳に入る情報の減少:少しづつ難聴になり、耳に入る情報が少なくなっている。

 

②中枢神経の抑制が効かなくなる:脳の聴覚中枢にある神経細胞の興奮を抑えられなくなる。

 

③一部の細胞が異常に興奮する:抑制が効かないことで、聴覚中枢の神経の一部に異常な興奮が起こる。

 

④耳鳴りが起こる

耳鳴りの症状

耳の構造図

耳鳴りの多くは難聴が伴います。

 

難聴が伴う場合、問題のある部位で耳鳴りの音の症状が異なる場合があります。

 

内耳から脳に至る所に問題が起こる難聴を「感音難聴」、外耳や中耳で問題がある場合を「伝音難聴」、両方ある場合を「混合性難聴」といいます。

 

感音難聴では、「キーン」という耳鳴りが聞こえることが多くあります。一方、伝音難聴では「ザー」など、低い音の耳鳴りが起こりやすくなります。

 

健康な人でも、一日に数回は耳鳴りが起こることもありますが、その音はほとんど気づかないか気にならない程度の生理的な耳鳴で、10秒ほどできえてしまいます。

 

また、突然大きな音を聞いた時も少し耳鳴りがする場合があります。

 

このような短い時間の耳鳴りは問題ありません。

病院で行われる耳鳴りの一般的な対処法

薬

耳鳴りの原因となっている病気が見つかった場合は、その病気に対する対処が行われます。病気の軽快に伴い、耳鳴りも治まります。

 

それで耳鳴りが改善できればよいのですが、原因に対する対処後も耳鳴りが残る、あるいは難聴を対処しても難聴が残る場合は、耳鳴りが残る場合があります。

 

そんな時は、薬物療法、心理療法、TRT療法(聞こえなくなった音を補聴器で補ったり、サウンドジェネレーターという装置でいいろいろな音を聞いて耳鳴りに慣れる対処法)などを行います。

 

それでもよくならない方は、そのまま効果の期待できない薬を飲み続けるか、医師から「年齢のせいですので、諦めて下さい」といわれ、対処するすべがなくなってしまうことが多いです。

当院の耳鳴りに対するアプローチ

背中に鍼施術をしている所です

東洋医学では「冷えは万病の元」と言われるように、当院では「冷え」を耳鳴りの根本的な原因として捉えています。

 

私達の体は本来、温かく、やわらかいものです。それは、体が熱を産生し、血液を含む体液が循環しているからです。「冷え」とは、単に冷たい、冷えているという温度感覚的なものだけではなく、本来の生命力が低下して、体の熱の産生や熱の巡りを正常に保つことができず、血液、体液の循環が良くない状態をいいます。

 

「冷え」は、自律神経の正常な働きを乱し、自律神経の乱れはさらに血液を含む体液の循環を悪化させ体に様々な不調を起こさせます。

 

鍼とお灸は、体に熱を補い、体を温め、血液を含む体液の循環を良くして自律神経を整える最適な道具の一つです。

 

当院では、鍼とお灸を使って体表面を刺激して、体に熱を産生させ、血液を含む体液の循環力が改善されることで「冷え」が改善され、自律神経の乱れが回復し、耳鳴りが改善されると考えております。

 

もし、あなたが耳鳴りでお困りなら、是非一度当院の施術をお試し下さい! あなたのご来院を心よりお待ちしております。

施術の流れをご紹介します!

写真は左右にスライドできます

問診

問診

当院に来院されたお悩みをはじめ、症状の経緯、過去の体調、日常生活習慣についてお尋ねします。

自律神経測定器による測定

自律神経測定器による測定

自律神経測定器で自律神経のバランスを測定します。

検査

検査

手足、お腹などの冷え感、圧痛、固さなどを触診します。

鍼施術

鍼施術

お腹から開始います。

背中に鍼施術

背中に鍼施術

背中に鍼施術を行います。

耳の周囲や肩に鍼灸施術

耳の周囲や肩に鍼灸施術

耳の周囲や肩に鍼灸施術を行います。

お灸施術

お灸施術

手足のツボにお灸をします。

再度、お腹を検査

再度、お腹を検査

再度、お腹の圧痛や痛みを検査します。

肩に鍼施術して終了

肩に鍼施術して終了

最後にベッドに座って肩に鍼施術して施術を終了します。

会計

会計

施術後の注意事項を説明して会計を済ませます。

HP限定特典初回通常料金12960円を4980円毎月10名様限定

クレジットカード決済できます

お時間を80~90分ぐらい見ておいて下さい。

平日は午後9時が最終受付ですので、お仕事の帰りでも間に合います。

「もうこれ以上つらい毎日を過ごしたくないと思いつつ、自分ではどうすることもできない・・・。」電話番号(0532)63-6093

ラインで予約する

ネットで予約・問い合わせする

当院が選ばれる5つの理由

施術家からの推薦文

追伸

耳鳴りは、加齢に伴って増えますが、病気や日常生活の不摂生、ストレスなどで若い方でも起こります。

 

耳鳴りが軽い場合は医療機関での対処により、症状が軽くなります。

 

しかし、難聴を伴う耳鳴りは、気になるほどそれ自体がストレスとして耳鳴りをより強く感じ、慢性的な不安、不眠、うつなど症状が現れます。

 

お医者さんにいっても、原因不明、歳だから仕方がない、対処しようがない、補聴器をするようにといわれ、人との交流を避けるようになり、人生に張り合いを失ってしまいがちになります。

 

当院では、「冷え」を耳鳴りの根本的な原因としてと捉え、冷えを対処して血液、体液の循環を改善することで耳鳴りが改善されると考えております。

 

耳鳴りが気になり、不安やうつ、不眠を抱えている方は当院へ今すぐお電話下さい。

院長 川添登

耳鳴りのお客様からとよくある質問

Q1.鍼灸施術は初めてなんですが、鍼は痛くありませんか?お灸は熱くありませんか?

当院では、鍼を刺さずに皮膚に接触するやり方と刺入するやり方の2種類を使い分けています。鍼は、髪の毛の太さほどのものを使います。刺入する際、皮膚や筋膜、筋肉を貫通する時に、多少痛みを感じることもあります。しかし、注射の針と違い、軽い痛みを感じる程度ですので、すぐにその感覚に慣れます。

 

お灸は、刺入した鍼の頭に丸めたもぐさを付けて燃やすやり方や、棒灸と言って円柱上のもぐさを皮膚の上からかざして温めたり、大豆やお米の粒よりやや大きめのもぐさを皮膚にのせ、熱感を感じたらすぐに取り除く知熱灸を使います。心地よい熱感が伝わりますので、安心して受けられます。

Q.2 何回ぐらい通えば、耳鳴りが良くなりますか?

耳鳴りの症状には、個人差があり、一概には言えいません。軽く、早く耳鳴りの症状が現れた人ほど、回数も少なくて済みますし、症状が重い、時間が経過している人ほど、改善する時間もかかります。当院では7~10回が改善の目安にしております。

Q3. 耳鳴りは治るものなんですか?

Q2にも関係しますが、耳鳴りが軽症、早期に出現したものほど早く回復します。重症で、時間の経過したものほど回復は難しくなります。「どこに回復目標を置くのか」が大切で、問診を行ってから鍼灸施術いたします。

HP限定特典初回通常料金12960円を4980円毎月10名様限定

クレジットカード決済できます

お時間を80~90分ぐらい見ておいて下さい。

平日は午後9時が最終受付ですので、お仕事の帰りでも間に合います。

「もうこれ以上つらい毎日を過ごしたくないと思いつつ、自分ではどうすることもできない・・・。」電話番号(0532)63-6093

ラインで予約する

ネットで予約・問い合わせする