腱鞘炎

しつこい全身倦怠感でお困りの方へ なぜどこに行っても治らなかったしつこい全身倦怠感が当院の施術で改善するのか?

しつこい全身倦怠感でお困りの方へ なぜどこに行っても治らなかったしつこい全身倦怠感が当院の施術で改善するのか?

こんなお悩みはございませんか?

  • 仕事で手を使い常に指を使い、痛みを感じる
  • パソコンの作業で手首が痛む
  • 指の痛みで湿布を貼ってみたが良くならない
  • 整形外科へ行ったけれど良くならない
  • 仕事で指を使い、痛みがでて我慢しながら仕事をしている

この中で一つでも当てはまる場合は、すぐ当院までお気軽にご相談下さい。

 

腱鞘炎をほっておくと、しだいに症状が重くなり、指が動かなくなったり、手術したり、手術後リハビリのために入院しなければならない可能性があります。

 

1人で悩まず、どんな小さなことでも構いませんので、当院までご相談下さい。

 

あなたのご来院を心からお待ちしております。

腱鞘炎とは?

手首を押さえる女性

 

腱鞘炎とは、指の「腱鞘」が何らかの理由で厚くなったり、固くなって、腱鞘と腱鞘の中を通る腱がこすれ合って炎症を起こし、痛みや腫れがでてくる症状です。

 

腱鞘炎が進行すると「ばね指」なります。

 

基本的に手をよく使う人、パソコンの作業、スマートフォンをよく使用する人、文字を良く書く人、楽器を演奏する人に多い症状です。

 

女性ホルモンの影響もあり、更年期の女性や、妊娠・出産期の女性にも多く見られます。

 

また、糖尿病や慢性関節リウマチ、人工透析を行っている人にも多く見受けられます。

腱鞘炎の症状

ばね指のしくみ

手首から指先まで伸びている腱は、丈夫なロープのようなもので、筋肉と骨をつないでいます。この腱がスムーズに動くことで指の曲げ伸ばしが楽にできます。腱は靭帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)というさやのようなバンドで腱をおさえることで、腱が骨から離れるのを防いでいます。

 

腱と靭帯性腱鞘のあたりで、こすれ合っているうちに何らかの理由で炎症が起き、痛みや腫れが現れる現象を「腱鞘炎」といいます。

 

腱鞘炎を対処しないでいると、腱の腫れが酷くなり、その部分が腱鞘にひっかかり、指が滑らかに曲げ伸ばしできなくなります。

 

指を伸ばそうとして、無理に強い力を加えると、腱が靭帯性腱鞘を通るときに指がカクンとぎこちなく跳ねるようになります。これがばね指です。

 

腱鞘炎は、指だけではなく、手首の親指側にもあり、そこで起こる腱鞘炎を「ドケルバン病」といいます。ドケルバン病では痛む部位は、手首の痛みや腫れです。

 

親指を他の指で包み込むように握り、ゆっくりと小指側に曲げるとてくびに痛みが出れば、ドケルバン病が疑われます。

腱鞘炎の原因

手編みをする女性

腱鞘炎の原因は、基本的に繰り返し手指の使すぎによる筋肉の耐久力が限界が来た時に起こります。

 

普通に筋肉を使用する分には、休めば回復しますが、どんな作業でも回復をしないまま使用し続けていると、筋肉の回復も遅くなり、血液が十分に巡らなくなり、細胞、組織に充分な酸素、栄養、熱を届けることができず、疲労物質も溜まります。最初は「動かしにくい」ぐらいで治まっていたものが、段々と痛み、腫れなどにつながってゆきます。

 

手作業している人は、基本的に体をほとんど動かさない状態で行っていることが多く、運動不足になりがちで、これも血液循環を悪くし、疲労の回復を遅らせます。

 

また、作業している姿勢に関しても、作業を無理な姿勢で行ったりすることで、疲労が蓄積しやすくなります。

病院で行われる腱鞘炎の一般的な対処法

中指を手術した男性

病院で行われるばね指の一般的な対処法は、薬物療法と手術です。

 

薬物療法では、痛み止めとして鎮痛消炎剤が使われます。

 

腫れ、痛みがひどく日常生活に支障が出ている時には、ステロイド薬と局所麻酔剤を腱鞘内に直接注射します。

 

ステロイド薬と局所麻酔剤を腱鞘内に直接注射しても症状が再発するようであれば、手術をします。

 

手術は、局所麻酔をして、皮膚を切開し、炎症を起こしている腱鞘を切り開きます。手術時間は、10~20分程度ですので、日帰り手術でできますが、時して入院してリハビリを必要とすることもあります。

当院の腱鞘炎に対するアプローチ

手三里に灸施術をしているところです

東洋医学では「冷えは万病の元」と言われるように、当院では「冷え」を腱鞘炎の根本的な原因として捉えてます。

 

ここでいう「冷え」とは、体の熱の維持する働きや熱を巡らせる働きが低下した状態のことを言います。

 

確かに手指の使い過ぎが腱鞘炎になる大きな要因なので、その部分を対処することも大切ですが、体全体の冷えも腱鞘炎に影響しています。

 

体が冷えると自律神経の交感神経が働きます。交感神経は筋肉、血管を収縮させることにより血液の循環障害を起こします。

 

体の冷えが解消されないままでいると、やがては自律神経が正常に機能しなくなります。そのために「血液の循環障害」がさらに進み、痛みのある部分に痛みを発生させる物質も滞り、痛みが増強されます。

 

当院では、熱く感じさせないお灸で「冷え」を対処して「血液の循環障害」を改善することで自律神経の乱れが回復し、その結果、腱鞘炎が改善されると考えております。

 

もし、あなたが腱鞘炎でお困りなら、是非一度当院の施術をお試し下さい! あなたのご来院を心よりお待ちしております。

当院のお灸のやり方

HP限定特典初回通常料金7,150円を3,500円毎月10名様限定

クレジットカード決済できます

初回のお時間を60分見ておいて下さい。

平日は午後9時が最終受付ですので、お仕事の帰りでも間に合います。

「もうこれ以上つらい毎日を過ごしたくないと思いつつ、自分ではどうすることもできない・・・。」電話番号(0532)63-6093

ラインで予約する

ネットで予約・問い合わせする

なぜ当院が多くの院の中から選ばれるのか?

当院には5つの選ばれる理由があります

理由その1

院国家資格を持っている院長による安心の施術

はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の免許証

院長は「はり師・きゅう師」という国家資格を取得しています。痛み・熱さのないお灸を心がけておりますので、初めての方でも安心して施術を受けることができます。

理由その2

自律神経の調整が得意な鍼灸の専門院

自律神経の働き

当院は、自律神経の乱れからくる不調を改善することに特化した、地域で唯一の専門院です。

 

病院では改善しない症状、慢性的な症状は、からだの「冷え」を取り除き、自律神経の乱れをお灸で整えることで改善します。

理由その3

より改善効果の高い「お灸」のみの施術です

自律神経測定器

当院は痛みのある「鍼(はり)」での施術を行わなず、暖かく気持ちのよい「お灸」のみで施術を行います。

 

副交感神経と交感神経のバランスを整えることで、効果の高い施術を行うことができます。

理由その4

丁寧なカウンセリングでメンタルもケアします

問診風景

 

「病院に通っているけど、話をほとんど聞いてくれない・・・」という不満をお持ちではありませんか?

当院は丁寧なカウンセリングを行い、メンタル面からもケアを行うことで、不調の早期根本改善を目指します。

 

理由その5

施術前後に体温を測定し、結果を数値で視覚化

体温測定をしているところ

当院の特徴は「改善の度合いが数字でわかる」ことです。からだ全体の温度を測定することで、不調の根本原因である

「冷え」が改善しているのかを、目で見て実感することができます。

 

施術家からの推薦文

真摯な姿勢でお客様の心と体にむきあってくれる先生です!

若林定広先生

川添先生とは東京での勉強会で知り合い、以後二十数年あまりにわたり交流を続けています。

 

その長い交流の中で常々感じるのは、川添先生の施術技術の向上に努める姿勢・熱心さです。

 

また出会いが東京であったことからもでもわかるように、勉強のためな遠隔地までも通い続けることは、意思の強さの表れでもあります。

 

川添先生の、その情熱と意思の強さは、そのままお客様の心と身体に向けられ、必ずや皆さんの健康管理に寄与することでしょう。

 

一度伝馬町鍼灸院の門をくぐってみて下さい。

真摯な姿勢で、皆さんの心と身体に向き合ってくれると思います。

 

名古屋市熱田区 若林一鍼堂 若林定広

お客様に寄り添える素晴らしい施術を提供してくれる先生です!

朴先生

川添先生とは、東京で開催されるセミナーで出会いました。毎回愛知県から参加されている情熱に敬服いたします。

 

自律神経の乱れを改善する鍼灸専門院で、臨床24年以上の豊かな経験と熟練した技で、お客様に寄り添える素晴らしい施術をしてくれる先生です。

 

豊橋にお住いの方々は本当に幸運と言わざるを得ません。川添先生があなたを苦痛から解放してくれるに違いありません。

 

千葉県鎌ケ谷市東陽治療院 院長 朴東燮

 

当院のお灸施術が安心・安全な理由

当院がうお灸施術にこだわる理由

追伸

腱鞘炎は、手作業を毎日同じ姿勢で同じ動作を繰り返し行うことで、筋肉が疲労し、血流障害がが起こることで発症する、いわば職業病に近い病態です。

 

基本的には、安静にする、休憩中に体操やストレッチなどを行う、軽い運動をする、規則正しい日常生活をおくることが予防、対策につながります。

 

当院では、腱鞘炎の原因は「冷え」による交感神経亢進による血流障害が原因として捉えて、熱く感じさせないお灸施術で副交感神経の働きを高め血流障害を改善することでばね指が改善すると考えております。

 

腱使炎でお悩みの方は、是非当院のお灸施術を受けてみて下さい。

院長 川添登

腱鞘炎のお客様からよくあるご質問

Q1.お灸は初めてですが、熱くありませんか?

当院では、お米よりも少し大きめのもぐさを直接皮膚にのせ、施灸します。自律神経の副交感神経を刺激して血管を拡げ、血流を良くするためにいずれも温かく感じた時点でもぐさを取り除きますので熱さを感じません。

Q3.腱鞘炎は治るものなんですか?

腱鞘炎は、長期になればなるほど回復が難しくなります。「どこに回復目標を置くのか」が大切で、問診を行ってから灸施術いたします。

HP限定特典初回通常料金7,150円を3,500円毎月10名様限定

クレジットカード決済できます

初回のお時間を60分見ておいて下さい。

平日は午後9時が最終受付ですので、お仕事の帰りでも間に合います。

「もうこれ以上つらい毎日を過ごしたくないと思いつつ、自分ではどうすることもできない・・・。」電話番号(0532)63-6093

ラインで予約する

ネットで予約・問い合わせする