月経前症候群(PMS)

なぜしつこい月経前症候群が当院の施術で改善するのか?

なぜしつこい月経前症候群が当院の施術で改善するのか?

こんにちは。豊橋市の伝馬町鍼灸院 院長の川添です。

生理前になると、必ずお腹のはりや頭痛、関節の痛み、手足のむくみ、抑うつ気分、イライラなどの不快な症状が現れて、日常生活に支障が出てしまうこと、ありませんか?

 

当院では、「冷え」による自律神経の乱れを月経前症候群(PMS)の根本的な原因として捉え、「冷え」を対処して自律神経を整えて、月経前症候群(PMS)を改善する鍼灸施術を行っております。

こんなお悩みはございませんか?

  • 生理の前になると必ずイライラしたり、怒りが出てきたりする
  • 生理の前になると必ず落ち込んだり、憂うつになる
  • 生理の前になると体がだるく、外出が困難になる
  • 生理前になると肩こり、首コリ、頭痛が現れる
  • 生理前になると食欲が増したり減ったりする
  • マッサージや整体では症状がよくならない

矢印

ご安心ください 当院に来ていただければなんとかなりますよ

月経前症候群で医療機関に行くべきタイミング

下腹部に張りを感じる女性

生理前に不快な症状があるにもかかわらず、我慢して医療機関に行かずに市販の薬で対処して、生理が来るまで我慢していること、ありませんか?

 

生理前に起こる心身の不調は、多くの女性が経験するものです。生理前に不調が起こるのは当たり前だと思い込み、病院に行くほどでもない、と自分に言い聞かせて日常生活でつらい思いをされてる女性が多くいます。

 

しかし、日常生活に支障が出るようであれば、婦人科、産婦人科を受診しましょう。

 

生理前の症状がが強い場合は、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫などの病気が潜んでいる場合がありますので、ためらわずに婦人科、産婦人科を受診しましょう。

月経前症候群の症状

月経前症候群は、生理が始まる前に起こる様々な不調で長い人では、生理の10日前から症状が現れる場合があります。

 

月経前症候群は、大きく分けて体の症状と心の症状があります。

体の症状

頭痛の女性

体の症状には、乳房の張り・痛み、お腹の張り、頭痛、関節痛・筋肉痛、体重増加、手足のむくみなどがあります。

心の症状

心の症状には、抑うつ気分、怒りの爆発、イライラ、不安感、混乱した気分などがあります。

月経前症候群の原因

卵巣からは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2種類のホルモンが分泌されています。

 

このうち、黄体ホルモン(プロゲステロン)は、排卵後の黄体期に多く分泌されます。

 

月経前症候群が起こる原因は、はっきりわかっていませんが、黄体期の黄体ホルモンの増減が、症状をもたらすと考えられています。

 

黄体ホルモンによって、食欲に影響がでるとむくみがでてきたり、乳房に影響がでると乳房の張り・痛みがでたり、頭では頭痛が現れたりします。

 

黄体ホルモンは、感情に影響を与える神経伝達物質であるセロトニンやドパミンなどに作用を与えています。

 

緊張状態が長く続くようなストレスや几帳面、自分の厳しいなどの性格、乱れた食生活やコーヒー、アルコールなどを常飲している人、体力が消耗している、自律神経が乱れている人は、神経が過敏になっていて、黄体ホルモンの影響を受けやすく症状が重くなることがあります。

 

月経周期

月経前症候群の一般的治療

月経前症候群の一般的な治療は、カウンセリング、生活指導、薬による治療になります。

 

 

薬

カウンセリング:医師との面談することで月経前症候群について正しい知識を得ます。また、日々の症状を記録することで、医師との面談に役立ちます。

 

生活指導:規則正しい生活、十分な睡眠、運動、ストレスの軽減などの生活リズムの見直しをします。食生活で甘いもの、カフェイン、お酒、また嗜好品としてのたばこを制限することで症状が軽くなったりします。

 

薬:症状に応じて、

イライラがある場合は、精神安定薬、むくみには利尿剤、頭痛などの痛みには鎮痛剤などが使われます。

 

また、漢方薬として、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遙散、桃核承気湯、抑肝散が誓われます。

また西洋ハーブとして、チェストベリーも効果が認められています。

 

これらが改善しない場合は、低用量経口避妊薬(EP配合剤)によるホルモン療法を行います。毎日同じタイミングで服用することが大切です。

 

うつ状態にあるときには、抗うつ薬を生理前の短期間に限って使われることもあります。

当院が考える月経前症候群の原因

東洋医学では「冷えは万病の元」と言われるように、当院では「冷え」を月経前症候群の根本的な原因として捉えています。

 

「冷え」とは、単に冷たい、冷えているという温度感覚的なものだけではなく、本来の生命力が低下して、体の熱の産生や熱の巡りを正常に保つことができない状態をいいます。

 

「冷え」は、自律神経の正常な働きを乱し、自律神経の乱れはさらに血液を含む体液の循環を悪化させ体に様々な不調を起こさせます。

 

当院では、鍼とお灸を使って体表面を刺激して、体の熱の産生力、循環力を改善することで「冷え」が改善され、自律神経の乱れが回復し、血液を含む体液の循環が改善され、月経前症候群が改善されると考えております。

当院の月経前症候群を改善する鍼灸施術について

「冷え」の見立てとしてお腹にある異状を最重要視します

腹診

お腹は、体の中心でもあり自律神経の影響を受ける内臓が多く集まっている部分です。

 

東洋医学では、部分に全体を診る、全体に部分を診るという考え方があります。

 

お腹を全身の縮図として捉え、全身にある「冷え」もお腹の縮図として捉えることができると考えております。

 

お腹を押してみると、痛い所、固い所、違和感のある所、気持ちが悪い所などがあります。東洋医学では、これらのお腹の異状を「積聚(しゃくじゅ)」と言います。これらの異状を「冷え」の目印とします。

お腹にある「冷え(積聚)」を背中にあるツボで解消します

背中の五行配当

お腹にある「冷え(積聚)」の位置を決めた後、お客様はうつ伏せになっていただきます。

 

背中を五行に分け、「冷え(積聚)」に相関する位置の中にあるツボを使用してお腹の張りや痛みを軽減させると同時に、体の熱の産生や循環力を高めてゆきます。

 

その後、再度お客様には仰向けになっていただき、目印となっている「冷え(積聚)」の張りや痛みの変化を確認します。

 

手足や頭のツボを使い、さらに「冷え(積聚)」を解消します。

そうすることによって月経前症候群が改善できるのです。

多くの院から当院が選ばれる理由

ホームページ限定特典 初回通常料金を12980円を半額の4980円(税込み)毎月10名様限定

クレジットカード決済できます

PMS(月経前症候群)に伴う不快な症状を何とかしたと思ったら…いますぐお電話して下さい

ラインで予約する

ネットで予約・問い合わせする

施術家からの推薦文

追伸

月経前症候群は、生理前の数日間にお腹の張り、頭痛、手足のむくみ、抑うつ、イライラなどの症状が起こる病です。

 

生理前というと、「生理の前に痛みがあるのはあたりまえ」、「痛いときは鎮痛剤で飲んで済ませればよい」と思っていませんか?

 

鎮痛剤を服用すると、一時的には痛みを抑えることはできますが、鎮痛剤の常用は体を冷やすことになり、結果的には月経前症候群を悪化させてしまう可能性があります。

 

当院の鍼灸施術は、「冷え」を月経前症候群の根本的な原因としてとらえ、鍼灸施術で体の冷えを改善し、月経前症候群の改善を行っています。

 

毎回、生理前に鎮痛剤が手放せない、薬以外で生理前の症状を改善したい、生理前に伴う痛み、気持ちのイライラや落ち込みなどを減らしたいと思っている方は、是非当院の鍼灸施術を試してみてください。

 

当院は完全予約制です。

 

LINEでのご予約が便利です。今すぐご予約をしてください。

院長 川添 登

院長 川添登

ホームページ限定特典 初回通常料金を12980円を半額の4980円(税込み)毎月10名様限定

クレジットカード決済できます

PMS(月経前症候群)に伴う不快な症状を何とかしたと思ったら…いますぐお電話して下さい

ラインで予約する

ネットで予約・問い合わせする