咽喉頭異常感症(ヒステリー球)

しつこい咽喉頭異常感症でお困りの方へ なぜどこに行っても治らなかったしつこい咽喉頭異常感症(ヒステリー球)が当院の施術で改善するのか?

しつこい咽喉頭異常感症でお困りの方へ なぜどこに行っても治らなかったしつこい咽喉頭異常感症(ヒステリー球)が当院の施術で改善するのか?

ヘルモア 口コミランキング第一位

こんなお悩みはございませんか?

  • 車の運転中に喉に何か引っかかっている感じがする
  • 仕事でパソコンをしていると喉のつまり感を感じる
  • 水やお茶、つばを飲んだ時、喉に違和感を感じる
  • 不安や焦りがあると喉に圧迫感がでる
  • うがいなどしても、喉の違和感が消失しない

この中で一つでも当てはまる場合は、今すぐ当院までお気軽にご相談下さい。

 

咽喉頭異常感症(ヒステリー球)をほっておくと、しだいに症状が重くなり、さらに症状を意識して強く感じるような負の連鎖が起こり、不眠、不安がつのり、うつ状態など心の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

1人で悩まず、どんな小さなことでも構いませんので、当院までご相談下さい。

あなたのご来院を心からお待ちしております。

お客様に喜ばれる3つの理由

当院がうお灸施術にこだわる理由

咽喉頭異常感症(ヒステリー球)とは?

咽喉頭異常感症(ヒステリー球)の女性

のど(咽頭や喉頭)を検査をしても炎症などの明らかな病気が見つからないのにも関わらず、「喉が締めつけられるような」、「のどがつまった感じがする」、「喉になにか引っかかった感じがする」など、喉の異物感、不快感、違和感を訴える状態を咽喉頭違和感症(ヒステリー球)と言います。

 

東洋医学では、梅の種が喉にある感覚から「梅核気」と呼ばれています。

 

また耳鼻科では、検査をしても明らかな病変が見つからなくても、お客様自身が悩んでいることが多いので「咽喉頭神経症」とも呼ばれます。

咽喉頭異常感症(ヒステリー球)の症状

咽喉頭異常感症(ヒステリー球)の要因

ストレスを抱えた女性

咽喉頭異常感症(ヒステリー球)の原因は、はっきりわかっていませんが一番の要因はストレスと言われています。

 

ストレスには、大きく分けて外的ストレスと内的ストレスがあります。

外的ストレス

物理的ストレス:寒冷、低気圧、高気圧など。
環境的ストレス:騒音、照明、空気汚染、振動など。
社会的ストレス:仕事が多忙、夜勤、重い責任、借金など。

内的ストレス

肉体的ストレス:病気、怪我、睡眠不足など。
精神的ストレス:家族の病気や死、失恋、倒産、解雇など。
人間関係ストレス:職場や家族、友人、近所とのトラブルなど。

 

咽喉頭異常感症(ヒステリー球)の場合、不安や緊張、精神的ショックなどから自律神経が乱れ、喉の違和感が強く感じられるようになります。

 

その他、日常生活リズムの乱れ、睡眠不足、運動不足なども咽喉頭異常感症の要因になります。

咽喉頭異常感症(ヒステリー球)の一般的対処法

薬

咽喉頭異常感症(ヒステリー球)の一般的対処法は、異常が見当たらないので、直接対処するお薬はありません。

 

ただ、ストレスからくる不安、心配、、眠れないなどの症状に対して、抗不安薬、抗うつ薬、睡眠導入剤が処方されることがあります。

 

また漢方薬では、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)が良く使用されます。

 

これらは、直接咽喉頭異常感症に働くわけではありませんので、症状が治まらないことがあります。

院長からのご挨拶

院長のプロフィール

こんにちは!豊橋市の伝馬町鍼灸院院長の川添です。

 

私は20代の頃、製薬会社の営業の仕事をしている時に対人恐怖症(社会不安症)になり、鍼灸や指圧を受けたことで楽になり、西洋医学とは考え方の違う東洋医学に興味を抱き、平成5年にはり師・きゅう師・あん摩、マッサージ、指圧師の3つの国家資格を取得して以来、26年以上医療業界で働いています。

 

西洋医学と東洋医学との一番の違いは、西洋医学は、「病気」に対して病気を取り除く、抑えることによる「病気」に焦点を当てて対処しますが、東洋医学では、各個人の持っている自らが回復する力、「自然治癒力」に焦点を当てて対処します。

 

東洋医学では、「冷えは万病の元」と言われているように、皆様の「自然治癒力」を妨げている原因は「冷え」です。その「冷え」を対処するには体に熱を与える「お灸」が一番適しているのではないかと思い、現在お灸施術のみに特化しています。

 

人間、最後は必ず、冷えて固くなります。少しでも心身が「柔らかく、温かい状態」を保つことが健康を維持する秘訣です。

 

「お灸は、身を焼くものではなく、心に灯をともすものなり」と弘法大師が伝えています。お灸は、身体を病から回復させるだけはなく、私達に希望を与えてくれるものなのです。

 

当院では、肌に直接「もぐさ」をのせ、ホワンとした温感を感じるだけのお灸施術を主体に行っております。お灸の「熱いイメージが覆される」くらいの温感ですので、安心して受けることができます。

 

「誰もが自らの健康を回復させる力を持っている」ことを信条に、1人でも多くのお客様にお灸施術で皆様の持つ自然治癒力に働きかけさせていただき、皆様の日常生活が少しでも朗らかに、安らかにそして快適に過ごせますよう、また皆様の望まれる生き方を支援できますよう、お役に立てますよう日々精進してまいりますので宜しくお願いいたします。

院長 川添 登

施術家からの推薦文

真摯な姿勢でお客様の心と体にむきあってくれる先生です!

若林定広先生

川添先生とは東京での勉強会で知り合い、以後二十数年あまりにわたり交流を続けています。

 

その長い交流の中で常々感じるのは、川添先生の施術技術の向上に努める姿勢・熱心さです。

 

また出会いが東京であったことからもでもわかるように、勉強のためな遠隔地までも通い続けることは、意思の強さの表れでもあります。

 

川添先生の、その情熱と意思の強さは、そのままお客様の心と身体に向けられ、必ずや皆さんの健康管理に寄与することでしょう。

 

一度伝馬町鍼灸院の門をくぐってみて下さい。

真摯な姿勢で、皆さんの心と身体に向き合ってくれると思います。

 

名古屋市熱田区 若林一鍼堂 若林定広

お客様に寄り添える素晴らしい施術を提供してくれる先生です!

朴先生

川添先生とは、東京で開催されるセミナーで出会いました。毎回愛知県から参加されている情熱に敬服いたします。

 

自律神経の乱れを改善する鍼灸専門院で、臨床24年以上の豊かな経験と熟練した技で、お客様に寄り添える素晴らしい施術をしてくれる先生です。

 

豊橋にお住いの方々は本当に幸運と言わざるを得ません。川添先生があなたを苦痛から解放してくれるに違いありません。

 

千葉県鎌ケ谷市東陽治療院 院長 朴東燮

 

追伸

咽喉頭異常感症(ヒステリー球)は、お医者さんで検査しても異常が見当たらないにも関わらず、喉の違和感がある状態です。原因としてストレスなどの心理的なものもありますが、根本的には「冷え」が関係しています。

 

冷え」は、主に私たちが長年生きてきた疲労や生活習慣の乱れなどが元になるものです。冷えは自律神経のバランスを乱し、やがてはお医者さんで病名がつくような病気に発展してゆきます。

 

喉に違和感を感じ、お医者さんへ行っても異常が見当たらない場合は、当院へ今すぐお電話してください。

院長 川添登

HP限定特典初回通常料金7,150円を3,500円毎月10名様限定

クレジットカード決済できます

初回のお時間を60分見ておいて下さい。

平日は午後9時が最終受付ですので、お仕事の帰りでも間に合います。

「もうこれ以上つらい毎日を過ごしたくないと思いつつ、自分ではどうすることもできない・・・。」電話番号(0532)63-6093

ラインで予約する

ネットで予約・問い合わせする