自律神経失調症

しつこい自律神経失調症でお困りの方へ なぜどこに行っても治らなかったしつこい自律神経失調症が当院の施術で改善するのか?

しつこい自律神経失調症でお困りの方へ なぜどこに行っても治らなかったしつこい自律神経失調症が当院の施術で改善するのか?

こんなお悩みはございませんか?

  • 病院で検査を受けたけれど、異常がすぐれずないと言われ不安がある
  • 病院に行くまでではないけれど、体調がすぐれず、毎日快適に過ごせない
  • 最近疲れやすく、体が重たく仕事、家事、育児に支障が出てきている
  • めまい、頭痛、胃腸の調子が頻繁に起こるようになってきた
  • 気持ちが沈んでやる気がなく将来不安になる

あなたは、この中でいくつ当てはまるものがありましたでしょうか?

 

自律神経失調症をほっておくと、症状が重くなり、休職もしくは退職せざるをえなくなったり、また家事・炊事ができなくなり家族に重い負担をかけてしまう場合があります。

 

自律神経失調症の改善には鍼灸がとても効果的です。当院は、あなたとおなじような症状でお悩みの方が多く来院され、改善されている実績があります。

 

1人で悩まず、どんな小さなことでも構いませんので、当院まで気軽にご相談下さい。

喜びの声をいただきました

めまいで、体の血行が良くなるのが良くわかりました

お客様写真

1.今回、どんなお悩みがあってどんなお気持ちがあって来院されましたか?

めまい、朝体調がよくなことがあったため。

 

2.多くの院のある中で当院を選んだ理由や決め手を教えてください

HPで拝見し、鍼灸以外に自律神経に対する効果を期待して。

 

3.実際施術を受けてみてどうでしたか?

体の血行が良くなることがよくわかりました。気持ち面でも効果があるように感じられました。

 

4.店内、院長についての印象はいかがでしたか?

普段話しにくい内容を心良く聞き入れて下さり助かりました。

 

5.同じような「つらさ」を抱えている方へメッセージがありましたらお願いします。

体の血行以外にもメンタル的に困っている場合におすすめします。

IH様 豊橋市 男性 54歳  会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

両腕が上がりにくく、回数を重ねるごとに痛みが改善され、生活もしやすくなりました

お客様写真

1.今回、どんなお悩みがあってどんなお気持ちがあって来院されましたか?

肩こり、両腕が上がりにくく感じていて、実母が施術を受けて改善したこともあり来院を決めました。

 

2.実際、施術を受けてい観てどうでしたか?

施術を受け、回数を重ねるごとに痛みが改善され、生活もしやすくなりました。

 

3.店内、院長についての印象はいかがですか?

先生は、話もしやすく、色々話せる先生です。

 

4.同じような「つらさ」を抱えている方へメッセージがありましたらお願いします。

肩こり、両腕が上がらないなようなつらさをお持ちの方は、ぜひ施術を受けてみて下さい。

M.T様 新城市 54歳 女性 パートタイマー 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

慢性疲労感が楽になり、気持ちも楽になりました

お客様写真

1.今回、どんなお悩みがあってどんなお気持ちがあって来院されましたか?

体のだるさ、痛み、けん体(怠)感。

 

2.多くの院のある中で当院を選んだ理由や決め手を教えてください。

ネットで調べて、自分に合っていそうな事、時間が遅くまでやっている。

 

3.実際鍼灸施術を受けてみていかがでしたか?

体が楽になり、痛みなどの気持ちが楽になった。

 

4.店内、院長についての印象はいかがでしたか?

とても良い感じです。1対1の対応がここち良い。

 

5.同じような「つらさ」を抱えている方へメッセージがありましたらお願いします。

迷っている様なら1度受けてみる事をお勧めします。

N.S様 豊橋市 49歳 男性 会社役員 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

自律神経失調症でこんなお悩みの方が来院されています。

HP限定特典初回通常料金12960円を4980円毎月10名様限定

クレジットカード決済できます

お時間を80~90分ぐらい見ておいて下さい。

平日は午後9時が最終受付ですので、お仕事の帰りでも間に合います。

「もうこれ以上つらい毎日を過ごしたくないと思いつつ、自分ではどうすることもできない・・・。」電話番号(0532)63-6093

ラインで予約する

ネットで予約・問い合わせする

自律神経失調症とは?

自律神経失調症でソファで休んでいる女性

自律神経失調症になると、交感神経と副交感神経のバランスが悪くなり、頭痛やめまい・倦怠感など、さまざまな症状が出てきます。

 

病院で検査を受けても異常がみつからない場合が多く、「ストレスですね」とか、「自律神経の乱れが影響しているかもしれませんね」と、明確な病名が付かないこともあります。

 

先生から、「できるだけ体を休めましょう」「ストレスになることを避けてください」と言われたり、薬を処方されるのですが、なかなか改善せずに多くの患者さんが悩んでいます。

 

症状が進行すると、うつ病になってしまうこともあり、できるだけ早めの対処をすることが大切です。

自律神経は交感神経と副交感神経で成り立っています

自律神経には交感神経副交感神経がありますが、この2つは、一方が強まるともう片方は弱まるようにバランスを取り合っているのです。

交感神経と副交感神経の働き

4つの自律神経の乱れるタイプ

自律神経の乱れには、以下の4つのタイプがあります。

1.交感神経が過剰に反応し副交感神経が正常に働かないタイプ

このタイプが自律神経失調症の中で一番多いタイプです。

 

なんらかの作用で交感神経が過剰に反応すると血管が収縮し、血流のが悪くなり、各細胞に充分な栄養や酸素が行き渡らず、組織に老廃物が溜まります。

 

この時に起こる症状は、首・肩・背中・腰などのコリ・痛み、頭痛、、耳鳴り、月経困難症などが起こります。

交感神経が優位で副交感神経が正常に働いていない状態

2.副交感神経が過剰に働き、交感神経は正常に働かないタイプ

1とは逆に副交感神経が過剰に働き、交感神経は正常に働かないタイプです。副交感神経は、体をリラックスさせますが、程度の問題です。

 

副交感神経が過剰に働くと、血管が拡がりすぎて血流が悪くなる「うっ血」を起こします。

 

この時に起こる症状は、アレルギー性疾患、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症、うつ、気力の減退などです。

副交感神経が過剰に働き、交感神経が正常に働かないタイプ

3.交感神経、副交感神経共に過剰に働くタイプ

交感神経、副交感神経がバランスよく働いている場合は健康な状態で、心も体も充実します。しかし、交感神経、副交感神経共に過剰に働きすぎるのもバランスに問題があると言えます。

 

このようなタイプは躁うつ病です。躁うつ病は、極端な躁の状態とうつの状態を繰り返す病気です。

交感神経、副交感神経共に過剰に働くタイプ

4.交感神経、副交感神経共に働ないタイプ

このタイプは、交感神経、副交感神経共に両者に働いていない状態です。

 

症状としては、心身ともに疲れ果て何もやる気がこらない、慢性疲労症候群、ひきこもりなどです。

交感神経、副交感神経共に働かないタイプ

病院で行われる自律神経失調症の一般的対処法

薬剤

病院で行われる自律神経失調症の一般的な対処は、以下の2つがあります。

 

1.薬物療法

頭痛やめまい、イライラや不安などの心身の症状を取り除く目的で、自律神経調整薬、抗不安薬、抗うつ薬、睡眠導入薬など、

また漢方薬が使われます。

 

2.心理療法

心理的要因を探り、ストレス耐性を高めたり、心身の安定を図る目的でカウンセリング、認知行動療法などが行われます。

 

それでも、良くならない場合は、症状に合わせた漢方薬などを服用し続けるぐらいで、西洋医学的に対処するすべがなくなってしまいます。

当院の自律神経失調症に対するアプローチ

背中に鍼施術をしているところです。

東洋医学では「冷えは万病の元」と言われるように、当院では「冷え」を自律神経失調症の根本的な原因として捉えています。

 

血液は、酸素、栄養分の他に熱を運んでいます。体が冷えると「血液の滞り」ができます。

 

「血液の滞り」ができると、各細胞に充分な熱、酸素や栄養を送ることができなくなります。その異変に最初に気づくのが自律神経です。

 

自律神経は体のどこかに異変を感じ取ると素早く感知して熱を作りだし血液の流れを正常に保とうと働きます。

 

しかしながら、体の冷えが解消されないままでいると、やがては自律神経が正常に機能しなくなります。その結果、心身に様々な症状が現れます。それが自律神経失調症です。

 

当院では、熱く感じさせないお灸を主体とした施術で体が熱を作ることを助け、「冷え」を対処して「血液の滞り」が改善することで自律神経の乱れが回復し、自律神経失調症が改善されると考えております。

 

もし、あなたが自律神経失調症でお困りなら、是非一度当院の施術をお試し下さい! あなたのご来院を心よりお待ちしております。

施術の流れをご紹介します

写真は左右にスライドできます

問診

問診

当院に来院されたお悩みをはじめ、症状の経緯、過去の体調、日常生活習慣についてお尋ねします。

自律神経測定器による測定

自律神経測定器による測定

自律神経測定器で自律神経のバランスを測定します。

検査

検査

手足、お腹などの冷え感、圧痛、固さなどを触診します。

鍼施術

鍼施術

お腹から開始います。

背中に鍼施術

背中に鍼施術

背中に鍼施術を行います。

背中にお灸施術

背中にお灸施術

背中に棒灸、知熱灸などのお灸施術を行います。

手足にお灸施術

手足にお灸施術

手足のツボにお灸をします。

再度、お腹を検査

再度、お腹を検査

再度、お腹の圧痛や痛みを検査します。

肩に鍼施術して終了

肩に鍼施術して終了

最後にベッドに座って肩に鍼施術して施術を終了します。

会計

会計

施術後の注意事項を説明して会計を済ませます。

HP限定特典初回通常料金12960円を4980円毎月10名様限定

クレジットカード決済できます

お時間を80~90分ぐらい見ておいて下さい。

平日は午後9時が最終受付ですので、お仕事の帰りでも間に合います。

「もうこれ以上つらい毎日を過ごしたくないと思いつつ、自分ではどうすることもできない・・・。」電話番号(0532)63-6093

ラインで予約する

ネットで予約・問い合わせする

なぜ多くの院が当院が選ばれているかのか?5つの理由

施術家からの推薦文

追伸

自律神経失調症は、主に日常生活習慣の乱れ、ストレス、運動不足、食事の不摂生などによって起こりますが、その根本的原因には「冷え」があります。

 

冷えは、気づかないうちに体に蓄積され、自律神経のバランスを乱し、やがてはお医者さんで病名がつくような病気に発展して仕事や家事に支障が出てしまいます。

 

お医者さんに異常なしと言われても、適切な手立てが必要です。日頃から自律神経が乱れているかもと気になる方は当院へ今すぐお電話してください。

院長 川添登

自律神経失調症のお客様からよくあるご質問

Q1. 鍼灸施術が初めてなんですが、鍼は痛くありませんか?お灸は熱くありませんか?

当院では、鍼を刺さずに皮膚に接触するやり方と刺入するやり方の2種類を使い分けています。鍼は、髪の毛の太さほどのものを使います。刺入する際、皮膚や筋膜、筋肉を貫通する時に、多少痛みを感じることもあります。しかし、注射の針と違い、軽い痛みを感じる程度ですので、すぐにその感覚に慣れます。

 

お灸は、刺入した鍼の頭に丸めたもぐさを付けて燃やすやり方や、棒灸と言って円柱上のもぐさを皮膚の上からかざして温めたり、大豆やお米の粒よりやや大きめのもぐさを皮膚にのせ、熱感を感じる前に取り除く知熱灸を使います。心地よい温感が伝わりますので、安心して受けられます。

Q2. 何回ぐらい通えば良くなりますか

自律神経失調症の症状には、個人差があり、一概には言えいません。身体だけの症状が早く現れた人ほど、回数も少なくて済みますし、症状が重い、時間が経過している、その方の考え方から物事をネガティブに捉えてしまう人ほど、改善する時間もかかります。当院では7~10回が改善の目安にしております。

Q3. 自律神経失調症は治るものなんですか?

Q2にも関係しますが、自律神経失調症が身体だけの症状が早期に出現したものほど早く回復します。症状が重い、時間が経過している、その方の考え方から物事をネガティブに捉えてしまう人ほど回復は難しくなります。「どこに回復目標を置くのか」が大切で、問診を行ってから鍼灸施術いたします。

HP限定特典初回通常料金12960円を4980円毎月10名様限定

クレジットカード決済できます

お時間を80~90分ぐらい見ておいて下さい。

平日は午後9時が最終受付ですので、お仕事の帰りでも間に合います。

「もうこれ以上つらい毎日を過ごしたくないと思いつつ、自分ではどうすることもできない・・・。」電話番号(0532)63-6093

ラインで予約する

ネットで予約・問い合わせする

自律神経を整えるためのセルフケア術

カラオケで歌いましょう

カラオケする人

歌を歌うことってありますか?

 

歌を歌うことは、ただ楽しみだけではなく、健康にとても良い効果をもたらします。

 

どんな効果がもたらされるかというと、

 

1.ストレス解消

大きな声で歌うと気持ちが高揚してきます。この高揚感が日頃溜まっていたストレスを発散してくれます。

 

2.呼吸がしやすくなる

歌を歌うためには、ある程度吐き続けなければなりません。吐き続けるとことが逆に、吸う行為を強めます。

その結果、肺の機能が高まり、呼吸がしやすくなります。

 

3.お腹がすく

大きな声で歌うと、腹式呼吸になります。腹式呼吸を続けることで、横隔膜をしっかり動かすことによってその下にある胃腸を刺激します。その刺激が腸の蠕動運動を助け、その結果お腹がすきます。

 

4.セロトニンが増える

歌を歌うことは、リズムに乗りこと。リズムある動きはセロトニンを増やします。セロトニンは、脳内では、神経伝達物質として働き、自律神経の交感神経伝達物質であるノルアドレナリンなどをコントロールしたり、不安を感じさせないようにするホルモンです。このホルモンが増えることにより、気持ちが安定してきます。

 

5.感情が揺さぶられる

カラオケを歌っている最中は歌詞に集中します。歌詞に集中することでその情景なりが脳裏に映し出され、感情が揺さぶられます。その感情が感受性を高め、感情が豊かになります。

 

カラオケは1人でやるのも良し、仲間とやるのも良しです。まずはマイクを握って好きな歌手の歌を歌ってみましょう。

自律神経失調症に関する関連記事