当院がお灸施術にこだわる理由

こんにちは。豊橋市の伝馬町鍼灸院 院長の川添です。

当院がお灸施術にこだわる理由は以下の通りです。

1.お灸施術は「冷え」を対処するには最適な方法の1つです

東洋医学では、「冷え」は万病の元と言われるように、当院でも「冷え」を体調不良の根本的な原因として捉えています。お灸の熱で病の根本原因である「冷え」を対処するには、理にかなった方法と考えています。

2.ここちよい感覚が体の緊張を緩めます

鍼の刺入の際の、時として感じる痛み、お灸では熱い、もしくは火傷、痕のつくようなやり方は、緊張をつくりだしてしまいます。当院のお灸施術は、熱くなく、眠りをさそうような心地よい感覚が得られますので、体の緊張が緩みます。

3.血行が改善され、代謝がよくなります

お灸は温熱刺激ですので、体が温まると同時に血行も良くなり、細胞にたまる老廃物や痛みの原因になる物質の除去を素早く行うことができ、代謝がよくなります。

4.少ないツボ数で効果的に施術ができます

圧痛点(押して痛い部分)を見つけることで、お灸の施術する場所を限定でき、少ないツボ数で効果的に施術ができ、お客様への体の負担の軽減と時間の節約ができます。

5.温度センサーに働きかけ、直接副交感神経を刺激します

お灸の与える心地よい温感は、皮膚にある温度センサーに働きかけます。皮膚にある点としての温度センサーに働きかけることにより、自律神経の中枢である視床下部に働きかけ、副交感神経を刺激し、血管が拡張し、血流が良くなり体が温まります。

6.あらゆる病に対応できます

お灸は、本来お客様の持つ自然治癒力に働きかけるものですので、あらゆる病に対応できるはずです。私はお灸で、お客様のもつ自然治癒力に働きかけ、あらゆる病に対して対処したいと考えています。

7.お灸は日本風土にあった施術です

日本は、湿気の多い国です。湿気は痛みの感覚を助長しますが、お灸はその湿気を取り除いてくれます。私は日本の風土にあった施術だと考えています。

8.西洋医学とは異なる東洋医学

西洋医学と東洋医学の最も大きな違いは、西洋医学は人の病そのものを抑える、取り除くように働きかけますが、東洋医学に分類されるお灸は、鍼と同様にその人の持つ自然治癒力に働きかけます。お客様の持つ自然治癒力を信じ、そこへ働きかけます。

9.お灸で、セルフケアができます

鍼は、専門の方から施術を受けなければなりませんが、お灸はご自宅で行うセルフケアとしてできます。当院では、お灸教室を無料で開催しています。

10.廃棄物がなく、自然界に優しいです

鍼は、使い捨ての鍼、包装紙、プラスティックでできた鍼管が廃棄物として残りますが、お灸は、灰だけしか残りませんのでとても自然界に優しいと考えています。

11.日本のもぐさは世界最高品質

日本のもぐさは最高品質だと言われています。そのもぐさを使いこなす鍼灸師が少なくなり、日本のもぐさを提供している業者さんが激減しています。最高品質のもぐさを使いこなせるきゅう師になりたいです。

12.お灸は日本の代表的な伝統的な医療であり文化である

お灸は、鍼と同様に3000年以上も前にに中国で医療術として発症し、日本には飛鳥奈良時代に伝えられて以来、日本独自の発展を遂げながら現在も受け継がれている伝統的な医療術でもあり、また伝統文化でもあります。私は、きゅう師としてその伝統的医療術でもあり文化でもあるお灸施術を受け継ぎさらに発展させ、世界へと発信できればと考えています。

13.お灸だけの施術は、日本では希少です

最近の鍼灸院では、お灸施術は、鍼施術のみで行われないか、もしくは鍼と併用したスタイルで行われることが多く、お灸だけの施術は希少になっています。お灸施術だけでも充分効果の高い施術であること追求したいと考えています。

14.お灸は心に希望の灯りをともす火口(ほくち)です

弘法大師は、お灸について「お灸は身を焼くものにあらず。心に灯りをともすものなり」と伝えています。

私は、お灸について「お灸は心に希望の灯りをともす火口(ほくち)である」と思っています。

 

お灸で一人、一人のお客様の心に希望の灯りをともせるようなきゅう師になれればと考えています。