なぜ、病院で男性更年期障害が改善しないことがあるのか?

なぜ、病院で男性更年期障害が改善しないことがあるのか?

問診

病院での男性の更年期障害の対処法は、主に薬物療法です。

 

男性ホルモンの値がそれほど低くない場合や、症状が軽い場合は、漢方薬や症状に応じた薬を使います。

 

男性ホルモンの値が著しく低下して、症状が重い場合は、男性ホルモン補充療法を行います。

 

うつ症状や不安症状など、心の症状がある場合は、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などが使われます。

 

骨が弱い場合は、骨粗鬆症薬を使うこともあります。

 

勃起力や性欲低下などが見られる場合、ED治療薬が処方されます。

 

これらを使用しても、効果の現れないこともあります。なぜなら身体の根本に「冷え」があるからです。