院長あいさつ(1壮のお灸)

院長 自己紹介

院長のプロフィール

こんにちは!豊橋市の伝馬町鍼灸院院長の川添です。

 

私が、鍼灸師になったきっかけは、20代の頃、製薬会社の営業の仕事をしている時に対人恐怖症(社会不安症)になり、外へ出られなくなった時期がありました。

 

その時にたまたま、当時好きな作家が雑誌のコラムに「東洋医学」について、雑誌に掲載していた記事を読み、西洋医学のとは異なる健康観に引かれ、特に「働きはあるけれど、見えない気」というものに興味を持ち、また独立開業ができるということでこの道に入る決心をしました。

 

27歳の時に製薬会社を退職し、3年間愛知県にあるある中和鍼灸専門学校(現中和医療専門学校)で勉強して、30歳の時にはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師の国家資格を取得しました。

 

同年、当時当時豊川に住んでいた自宅で施術室を開業、夜はマッサージをアルバイトをしながら、30、40代は東京へいくつかの鍼灸の流派のセミナーに参加したり、精神世界が高じてアメリカのヒーリングスクールに通ったり、カウンセリングや太極拳など「気」に関するものを学びました。

 

50代から本格的に鍼灸のみの施術に切り替え、そして令和元年10月からお灸のみの施術に切り替えました。

 

お灸施術のみに切り替えた理由はいくつかありますが、一番大きな理由は、「冷え」に対してお灸の熱の気で対処するのが鍼よりも優れていると感じたからです。

 

東洋医学では「冷えは万病の元」といいます。私達は、いつかは冷たく、固くなる存在です。冷えは知らず知らず体に積もります。「冷え」できるだけ体に積もらないように手立てをするのが東洋医学です。こんな考えは西洋医学にはありません。

 

私のお灸施術は、今まで学んできた東洋医学に基づくオリジナルなものです。

 

1壮のお灸がお客様の苦痛を和らげ、1壮のお灸がお客様の希望の灯を灯せますよう心を込めて施術いたします。

 

今後も日々精進してまいりますので、伝馬町鍼灸院を宜しくお願いいたします。

 

 

 

院長 川添 登