当院の鍼灸施術方法について自律神経失調症

当院の自律神経の乱れに対するお灸施術方法について

当院のお灸施術は、今まで学んできたことを総合的に捉えた施術で、オリジナルなものとなっております。

「冷え」はお腹に集約されます。

腹部診断点

「冷え」はお腹に集約されるという考えから、当院では、お腹の異状を最重要視しています。

お腹は、自律神経の影響を受ける内臓が多く集まっている部分です。

お腹を押してみると、痛い所、固い所、違和感のある所、気持ちが悪い所などがあります。これらの異状を「冷え」の目印とします。

お腹を東洋医学の五蔵名称で5つの区分に分け、その異状の目安を探してゆきます。

背中のツボでお腹の張り・痛みを改善します

背中の配当

お腹にある「冷え」の位置を決めた後、お客様はうつ伏せになっていただきます。

背中も五つの区分に分け、「冷え」に相関する位置の中にあるツボにお灸で背中の張りや痛みを軽減させます。

その後、再度お客様には仰向けになっていただき、目印となっている「冷え」の張りや痛みの変化を確認します。

手足のツボを使い、さらに「冷え」を解消します。

お腹にある「冷え(積聚)」を解消することで、自律神経の乱れが改善されます。

腹部の診断

皮膚は「内臓の鏡」と言われ、皮膚への刺激は、内臓に影響を与えることができます。これを生理学では体性内臓反射と言います。

皮膚にあるツボや経絡をお灸で刺激し、お腹の五蔵の区分に出ている不快な所を解消することで「冷え」が解消され、その結果自律神経の乱れが改善されると考えています。