当院の鍼灸施術方法について自律神経失調症

当院の自律神経失調症に対するお灸施術方法について

当院では、東洋医学に基づくお灸施術を行っています。東洋医学に基づく施術とは、「太極」「陰陽」「臓腑」「経絡」「経穴(ツボ)」「気」「血」「水」を考慮した施術を言います。

 

当院のお灸施術は、私が鍼灸施術の流派の1つである「積聚治療」の考え方を基本に、今まで学んできたことを総合的に捉えた施術で、オリジナルなものとなっております。

「冷え」はお腹に集約されます。

お腹を東洋医学の五蔵名称で5つの区分にわけたお腹

当院では「冷え」体調不良の根本的な原因として捉えています。ここでいう「冷え」とは単に「冷たい」「冷えている」といった感覚的なものだけではなく、体の熱の産生や巡りの低下した状態を言います。これを、東洋医学では「精気の虚」といいます。

 

「冷え」はお腹に集約されるという考えから、当院では、お腹の異状を最重要視しています。

 

お腹は、体の中心でもあり自律神経の影響を受ける内臓が多く集まっている部分です。

 

東洋医学では、部分に全体を診る、全体に部分を診るという考え方があります。

 

お腹を全身の縮図として捉え、全身にある「冷え」もお腹の縮図として捉えることができると考えております。

 

お腹を押してみると、痛い所、固い所、違和感のある所、気持ちが悪い所などがあります。東洋医学では、これらのお腹の異状を「積聚(しゃくじゅ)」と言います。これらの異状を「冷え」の目印とします。

 

お腹を東洋医学の五蔵名称で5つの区分に分け、その異状の目安を探してゆきます。

背中のツボでお腹の張り・痛みを改善します

背中を5行に分類した図

お腹にある「冷え(積聚)」の位置を決めた後、お客様はうつ伏せになっていただきます。

 

背中を五行に分け、「冷え(積聚)」に相関する位置の中にあるツボにお灸で背中の張りや痛みを軽減させます。

 

その後、再度お客様には仰向けになっていただき、目印となっている「冷え(積聚)」の張りや痛みの変化を確認します。

 

手足のツボを使い、さらに「冷え(積聚)」を解消します。

お腹にある「冷え(積聚)」を解消することで、自律神経の乱れが改善されます。

お腹の痛みやこりを調べています。

皮膚は「内臓の鏡」と言われ、皮膚への刺激は、内臓に影響を与えることができます。これを生理学では体性内臓反射と言います。

 

皮膚にあるツボや経絡をお灸の温熱で刺激し、お腹の五蔵の区分に出ている、痛い所、固い所、気持ちが悪い所、違和感のある所を解消することで「冷え(積聚)」が解消され、熱を作り出す働きを取り戻し、熱の巡りの停滞と偏りが改善され、自律神経の乱れが改善されると考えています。