当院のお灸施術について 10.お灸施術の手順とその目的・根拠 その2

(7)お腹(中脘)のお灸施術

最初にお臍とみぞおちのほぼ中間あたりにある中脘へお灸を施します。

 

目的

気の通り道である経絡の流れは中脘から始まり、中脘に終わるといわれます(依拠:図解十四経発揮 本間祥白 医道の日本社)。経絡は全身を巡っていますので、中脘にお灸施術をすることで全身に働きかけることができます(太極へのアプローチ)。

 

 

(8)足三里へのお灸施術

足三里の左右を触診し、反応の大きい方を選んでお灸施術をします。

目的

足三里は足の陽明胃経の経穴の一つで、胃経は五行で言えば土であり、また経穴の性質からいっても土になります。また五蔵の栄養は、みな胃の府の水穀の精気によって賄われているため、胃は五臓の根本であるといわれています(依拠:現代意訳 黄帝内経素問 東洋学術出版社 玉機真蔵論篇)。

足三里にお灸施術をすることで五臓全体に働きかけることになります(五蔵へのアプローチ)。

伝馬町鍼灸院