腰痛で医療機関に行くべきタイミング

腰痛で医療機関に行くべきタイミング

じっとしていても腰痛が治まらない

腰痛

重症の背中の骨の病気か内臓の病気の可能性があります。病気の例として脊椎の腫瘍や感染症、骨折、慢性膵炎、腎盂腎炎、子宮内膜症などがあります。

背中が曲がってきた

背中の痛みをかかえる女性

背骨が圧迫骨折している可能性があります。50歳を超えた女性で身長が縮んだり、背中が曲がってきた人は注意が必要です。病気の例として骨粗鬆症などがあります。

お尻た足が痛む、痺れる

足の痺れ、痛み

腰のあたりの神経が圧迫されている可能性があります。病気の例として脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどがあります。

足の痺れのために長く歩けない

足の痺れをかかえる女性

上記と同様に腰のあたりの神経が圧迫されている可能性があります。病気の例として脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどがあります。