軽症うつ症の要因

軽症うつ症の要因

心理的なストレス

心理的なストレス

心理的なストレスには、会社の上司、同僚、部下など仕事上の関係、クラスメート、先生など学校での関係や、親、兄弟、夫婦、親子など家族親戚関係などの対人関係によるストレス、死別、解雇、倒産、離婚、給料が安い、結婚、出産など生活上の問題がストレスとなります。

 

対人関係や生活上の問題のストレスを一人で抱え込み、周囲の助けがない状況で、脳がパンクしていつも通り働かなくなり、物の捉え方や考え方が否定的になります。

脳内の変化

脳

うつ病は心の病と思われがちですが、脳の病でもあります。

 

脳の神経細胞にある突起は別の神経細胞と繋がっていて、突起と突起の間隙を神経伝達物質が移動して情報のやり取りが可能になります。

 

心理的ストレスを受けると、神経伝達物の量が減少したり、神経細胞の突起が縮んだり、脳の部位によって神経細胞の突起にある棘の数が増えたりします。それによって脳の働きのバランスが崩れます。

なりやすい体質

うつ病に遺伝子が関わっているかどうかはわかりません。親や兄弟姉妹にうつ病になったことがある人がいますと、発症率が高まります。考え方や性格が親に似ることで、うつ病が高まります。