なぜ、病院で不眠症が改善されないことがあるのか?

なぜ、病院で不眠症が改善されないことがあるのか?

薬

不眠症に対する病院での対処法は、主に薬物療法です。

 

薬物療法の睡眠薬には、大きく分けて、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、メラトニン受容体作動性薬、オレキシン受容体拮抗薬の4種類あります。

 

不眠症で、早期もしくは軽症ですと、お薬も有効ですが、慢性、重症化するとお薬が効かない場合があります。

 

なぜなら、体に「冷え」があるからです。