information

お問い合わせボタン
HOME > よくある質問のページ

よくある質問

Q1.鍼は痛くないですか?灸は熱くないですか?

皮膚には痛点といって痛みを感じる点が散在しています。鍼を刺入する時に、鍼先が痛点に当たると痛みを感じますが、注針と違い、鍼は空洞になっていませんのでそれほどの痛みを感じません。灸は、ある程度の温感が必要です。熱さは症状に合わせて調節します。


 

Q2.鍼灸はなぜ効くのですか?

結論からいえば、鍼灸とも決定的な科学的な根拠となる証明はされていません。中国伝統医学によれば、私たちの体には生命エネルギーである「気」が循環しており、その「気」を大きく分けると「陰の気」、「陽の気」に分けられます。

この「陰陽の気」のバランスをとることによって健康の回復、維持、増進につながります。私たちの身体には陰陽の気の流れる経路がありこれを「経絡」と言います。経絡は内臓や皮膚表面を循環していて、皮膚表面には気の出入り口とされる「ツボ(経穴)」があります。

鍼灸は皮膚表面にあるツボを刺激して陰陽の気の過不足、滞りを調節して内臓にも影響を与えて効果を発揮する、と理解されています。

西洋医学的な解釈では、皮膚表面や筋肉には、痛みや温度、痒みや触れるなどの感覚を感じとる神経(感覚神経、知覚神経)が分布しています。この神経が刺激されると、脊髄や脳にその情報が送られ、自律神経に影響を与え自律神経が調節されます。

また、脳内からモルヒネ用物質を放出したり、緊張した筋肉が緩んだり、血管が拡張したりして痛みを緩和すると考えられています。


 

Q3.施術時間はどれぐらいですか?

院のご説明や患者様の全体的な症状を把握するため、治療室に入ってから出るまで、初回は1時間半、2回目以降は40~50分です。


 

Q4.施術の時の服装はどうすればいいのですか?

お腹、背中、手足に鍼灸を施術しますので、女性の場合、上半身は当院の施術用の服に着替えていただきます。

男性はシャツを脱いでいただきます。
下半身は女性、男性とも膝から下がだせるものを身に着けてください。

当院での施術用の半ズボンは用意してあります。


 

Q5.子供を連れて行ってもいいですか?

待合室で待っていただくことが可能であればお子様を連れてこられても構いません。


 

Q6.施術を受けるにはどうすればよいですか?

完全予約制です。お電話かもしくはメールで受け付けております。外出中、施術中はお電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を入れておいてください。こちらからお電話差し上げます。メールの場合三日以上返答がございませんでしたら直接お電話ください。


 

Q7.鍼灸はどんな病気に効くのですか?

WHOの鍼灸の適応疾患をご参考にしてください。


 

Q8.鍼灸はどんな症状に効くのですか?

痛みを始め、コリ、痺れ、だるさ、疲労感、抑うつ、冷えなどの自律神経のバランスが乱れた症状です。


 

Q9.薬と併用してもいいですか?

基本的には問題ないです。薬との相乗効果も期待できますし、お薬を減らす方向へも期待できます。ただ、病状、症状によって個人差がありますのでお気軽にご相談ください。


 

Q10.訪問してもらえますか?

鍼灸施術の訪問はしておりません


 

Q11.子供は受けられますか?

18歳以上の方を対象にしていますが、ご相談に応じます。


 

Q12.不妊のための施術は行っていますか?

院では、「冷え」を対処して、自律神経が快復する施術を行っています。不妊症は自律神経の乱れが関連しています。自律神経が整えば、妊娠の可能性はあります。


 

Q13.予約時間より早く行っても良いですか?

はい。ただし、待合室で少し待っていただきます。


 

Q14.健康保険が使えますか?

申し訳ございません。ご利用いただけません。


 

Q15.駐車場はありますか?

当院の鍼灸施術室の玄関前4台分のスペースがあります。そこに駐車してください。


 

Q16.医療控除の対象になりますか?

はい。鍼灸は医療控除の対象になります。毎回領収書を発行させていただきます。大切に保管して下さい。


 

Q17.着替えるところはありますか?

着替え室はありませんが、施術ベッドの周りをカーテンで囲いますのでそこで着替えをしていただきます。


 

Q18.食後すぐ施術してもらえますか?

できれば食後1時間はあけてください。食後でしたら、その旨をお伝えください。


 

Q19.生理中でも施術受けられますか?

はい。問題ありません。


 

Q20.鍼灸の副作用はありませんか?

副作用といえるかどうかわかりませんが、刺激の強弱やその日の患者様の感受性によって施術後、症状がかえってひどくなったり、だるくなったりする場合があります。たいていは一時的なものですが長く続くようでしたらご相談ください。


 

Q21.入浴しても構いませんか?

施術後1時間ぐらいあけてください。


 

Q22.鍼灸施術のあとアルコールを飲んでもいいですか?

施術した日は飲まないことをお勧めします。


 

Q23.物品は販売していますか?

ご自宅でお灸をしていただく目的として、せんねん灸を販売しています。


 

Q24.痩せますか?

痩せる目的で施術は行っていません。代謝が良くなりその結果痩せる可能性はあります。


 

Q25.マッサージや整体施術はしてくれますか?

マッサージ、整体施術は行っていません。


 

Q26.鍼で感染しませんか?

使い捨ての鍼を使用しますので感染は起こりません。


 

Q27.クレジットカードを使えますか?

扱っておりません。


 

Q28.キャンセル料はかかりますか?

キャンセル料は取りませんが、キャンセルされる場合は事前にご連絡ください。


 

Q29.施術後すぐに運動してもよいですか?

1時間はあけてください。


 

Q30.施術後すぐに食事をしてもよいですか?

30分ぐらいあけてください。


 

Q31.鍼灸師には免許制度があるのですか?

はい、あります。はり師ときゅう師に分かれ、どちらも厚生労働省管轄の国家資格です。


 

Q32.金属アレルギーがありますが、鍼を受けられますか?

銀、純金に対してアレルギーがなければ受けられます。


 

Q33.鍼だけ、灸だけ施術してもらえますか?

症状をお伺いして、決めさせていただきます。


 


お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

▲ページトップに戻る