当院の鍼灸施術方法について 共通パーツ

当院のお灸施術は、鍼灸施術の流派の1つである「積聚治療」の考え方を基本に、院長が今まで学んできたことを総合的に捉えた施術で、オリジナルとなっております。

「冷え」はお腹に集約されます。

腹診番号表

「身体の冷え」はお腹に集約されるという考えから、当院では、お腹の痛みや張りを「身体の冷え」の改善の目安として最重要視しています。

東洋医学では、身体を5つの要素に区分けします。お腹も5つの要素に区分けします。

5つの要素に区分けされたお腹を指で押します。一番強く感じられる「痛み」もしくは「張り」の位置を改善の目安として定めた後、お客様はうつ伏せになっていただきます。

背中や手足のツボでお腹の張り・痛みを改善します

背中の配置

背中も5つの要素に区分けします。お腹にある「痛み」もしくは「張り」の区分に相関する背中の区分にある反応したツボを探し、お灸施術をします。

再度お客様には仰向けになっていただき、目安としたお腹の痛みや張りの変化を確認します。

お腹の痛みや張りをさらに改善するために、お腹に「痛み」もしくは「張り」がある区分に関連した手足のツボを使い「身体の冷え」を改善してゆきます。