なぜ、病院でうつ病が改善されないことがあるのか?

なぜ、病院でうつ病が改善されないことがあるのか?

問診

病院でのうつ病の対処は薬物療法が基本です。

 

うつ病の治療では、すべての患者さんに抗うつ薬を使うのではなく、重症度によって使う場合と使わない場合があります。

 

うつ病の重症度は、日常生活に支障が出始めている軽症、日常生活に大きく支障が出ている中等症、日常生活がほぼ行えない重症に分けられます。

 

中等症や重症のうつ病には、抗うつ薬は有効ですが、軽症に対しては、最初から安易に抗うつ薬を使うべきでないとされています。

 

いずれにせよ、うつ病の方で薬剤が有効でない場合があります。なぜなら、体に「冷え」があるからです。