30代 男性 3か月から半年に出る吐き気を伴う頭痛

来院

2017年 5月

症状

後頭部痛、めまい、、耳鳴り

2週間前に仕事中、背筋から頭にかけての痛みが出てきて、立っていると頭痛があるので大きな病院で1週間検査入院し、CT,血液検査などをするも異常なし。7年前に気持ちが悪く吐いたことが最初で、その後3か月から半年に1回出る。通常だと履いて休めば治っていたが、今回は治り切らなかった。今でも額のあたりにずつうがある。夕方仕事中にあくびが出てくると頭痛が現れる。原因は仕事で役職につき責任を感じる事、眠りが浅い事が原因かもしれない。大きな病院ではロキソニンをもらっている。母親が当院を見つけ、母親の紹介で来院を決めた。

施術内容

左上腹部季肋部に近い所に圧痛

仰向けで腹部、手首にあるツボに鍼施術した後、腹部の圧痛、張りの部位を確認したことろおへそから4cmあたりの所に圧痛が診られる。それを一つの改善の目安にした。

背中に棒灸施術を行っているところです

伏臥位で首、肩、背中、腰の張りを確認しながら、背中のツボに鍼、棒灸を行った。

足の指間穴にてい鍼で刺激している所です

仰臥位で腹部の圧痛や張りを確認し、目の周りのツボに刺さない鍼と棒灸で刺激、両足の指先(気端というツボ)を棒灸で刺激した。

 

腹部の緊張感に対して棒灸で刺激した。

使用経穴

神闕、関元、太淵R、膏肓L、意舎L、志室L、魂門L、督脈、足の指間穴、右下腹部の力のない所など

2診目'(初診より4日目):仕事をしていると、頭痛、吐き気が出てくる。

3診目(初診より11日目):3日間、吐き気、頭痛が続いたがそのあとの3日間は頭痛はなかった。

4診目(初診より18日目):頭痛が軽くなあり、吐いたりすることはなくなった。体が重く感じる。

6診目(初診より30日):頭痛は、最初を10とすると2ぐらいになった。吐き気も止まっている。通常通り仕事をしている。

9診目(初診より51日):頭痛、吐き気はなくなった。ほぼ自分のペースで仕事ができている。

15診目(初診より3か月2日):頭痛も吐き気も治まっている。

21診目(初診より6か月1日):頭痛も吐き気も治まっている。

29診目(初回より1年9日):頭痛吐き気も治まっている。

考察

院長の顔写真

吐き気を伴うことや周期的に頭痛が出てくるので片頭痛の1種ではないかと思われる。順調に回復した後も周期的に頭痛、吐き気が現れないよう、予防的に2週間に1回から1か月に1回へと回数を減らしメンテナスをしているため頭痛、吐き気の再発は治まっている。鍼灸施術では症状の改善のみならず、メンテナンスとして継続的に施術をうけておくと良いことがうかがわれる。

 

片頭痛について詳しくはこちら

片頭痛

この記事に関する関連記事