伝馬町鍼灸院健康通信 自律神経失調症 治療法 薬物療法

伝馬町鍼灸院健康通信

自律神経失調症 治療法 薬物療法

自律神経失調症 治療法 薬物療法

「前回では、自律神経失調症の人は、一般内科へ行ってもよくならない場合は心療内科に行き、心療内科では、一般内科で行われる検査の他、日常生活のひずみや、仕事や人間関係のトラブル、性格や考え方など、一般内科よりもより踏み込んだ問診や心理、性格テストが行われ、治療に関しては、薬物療法の他、心理療法、理学療法、生活指導が行われるというお話しだったね。

そうだったね。今回は治療に関して、薬物について詳しくお話するね。自律神経失調症に用いられるのは、抗不安薬、自律神経を調節する薬、抗うつ薬、睡眠鎮静剤、漢方薬、その他にビタミン剤や、ホルモン剤が使われるね。それぞれの特徴は以下の通りだよ。

 

抗不安薬:不安や緊張を和らげる薬。精神安定剤と言われるもの。わけもなく、不安にかられたり、気持ちが不安定でイライラする、ストレス原因の自律神経失調症に有効。作用は弱いもの(作用時間が短いもの)から強いもの(作用時間が長いもの)まである。副作用は、緊張がほぐれたことによる倦怠感や脱力感を感じるなど。長期間飲み続けると薬物依存を起こす恐れがある。また、喘息などの呼吸器、心臓、腎臓、肝臓、妊娠中の女性には、服用を避ける。

自律神経を調節する薬:自律神経の中枢である視床下部に直接働きかけ、交感神経と副交感神経のバランスを整える自律神経調整薬と、交感神経や副交感神経の末端に働きかける自律神経末梢作用薬がある。自律神経調整薬は、抗不安薬に比べ、作用が緩やかな分、効き目も穏やかなので、劇的な効果は望めない。不安などの精神的症状が比較的少なく、疲労感や不眠、発汗など、軽い身体症状のある場合によく使われる。副作用は、眠気、めまい、ふらつきなど。自律神経末梢作用薬には、β(ベータ)ブロッカー、副交感神経遮断薬