ストレス管理について

ストレスは、健康に与える影響力は一番強いものの、ストレスは生きている以上避けることはできません。

 

ご自身のストレスを意識して、管理することが養生するうえで欠かせません。

 

ストレス管理法として、以下のものがあります。ストレスの管理は、人それぞれあるので、ご自身の合う方法を見つけてもらえればと思います。

1.ストレスに対して肯定的な考え方をする

ストレスには必ず何らかの意義があります。ストレスを否定的な捉え方をせず、前向きな考え方をしてみます。

 

たとえば、「このストレスのおかげで自分が成長できる」、「自分の健康に対して意識することができる」、「神様が与えてくれた試練だ」、「自分の苦手な部分を教えてくれている」、「幸せを感じる一つの過程」など、肯定的な観方をしてみます。

2.ストレスの原因(ストレッサー)を対処する

ストレスの原因をストレッサーといいます。ストレッサーの対処には、どうにかできそうなものと、どうにもできないものがあります。

①ストレッサーを対処できそうな場合

ア. ストレッサーを取り除く努力をする

ストレッサーを取り除くことが可能ならば、それにチャレンジしてみます。

 

たとえば仕事や介護、その他の場面において創意工夫して、取り除くことができれば、それだけ幸せな気分でいられます。

イ.  現象や事実とそれに対する決めつけを切り離す

私たちは、ある現象や事実に対して、無意識に解釈や評価をして決めつけを行っています。

 

たとえば、「水がコップ半分入っている。」という事実に対して「水が半分も入っている。」とか、「水が半分しか入っていない。」とか決めつけ、それによって「悲しい」とか「うれしい」とかの感情が湧いてきます。

 

この感情がストレスになります。この場合「コップに水が半分入っている」と言う事実だけ受け止めるようにします。

ウ. ストレッサーの受け方を軽くする

ストレッサーの受け取りようによっては、軽くもなり重くもなります。

 

ストレスの感じ方は人さまざまです。これは、その人のストレッサーに対する考え方が大きく作用しています。たとえば、「完璧を求める→こんなもんでいいんじゃない~」、「~しなければ、こうでなければならない→そんなこともあっていいんじゃないか」など、ストレッサーを